乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:5768]
性別:女性
年齢:40歳
はじめまして。
質問させてください。
つい最近、絞るとときどき血の分泌があることにきずいたため、乳腺外科を受診しました。
たまたま搾ってきずいただけで、いつからあったのかはわかりません。
1つめのとこは、乳管拡張していて、その先に3みりの何かあるが、形が癌ぽくないていうことで経過観察。
不安なため、別なところにも行きました。
そこは医師がエコーをしてくれました。
エコーの結果、乳腺拡張、白いてんてん、
もやもやしたふくらみあるため、そのふくらみ?を細胞しんしました。
結果少し変ということで、さらに検査が必要ということで、大きな病院を紹介されました、
大きな病院では、技師のエコーをまずしましたが、その患部がみつからないようでした。
先生は授乳もしていたから乳管拡張は
当たり前だしみたいな、
えっ、この病院大丈夫なのかなーと不安に感じたので、
前の病院でやった、細胞しんの結果はなんだったのか?ときいたら、分泌物の検査でしょ、というので、
エコーで患部をみながら針をさしてやりました。
といったら、産まれてはじめてマンモをやることになりました。
マンモによると、やはり針をさしたあたりに広範囲に石灰かがみられました。
さらに検査することになりました。
これは、非浸潤性乳管癌かなみたいなことをいってましたが、しこりみたいのもないし。
この初見は非浸潤性乳管癌の可能性が高いのですか?
石灰かが広範囲の場合、浸潤してる可能性も高いと聞きましたが、その場合エコーでみえないほどの微少浸潤である可能性のほうが高いですか?
どのくらいの浸潤であれば、エコーなどでわかるのですか?
これは初期癌ですか?
あと、石灰かでみつかる癌はこめど型でたちが悪いとみましたが
浸潤していた場合、その浸潤部分も悪性が高いものになるのでしょうか?
今の段階でリンパてんいや、遠隔転位はありますか?
予後はどうなりますか?
本当は信頼できる江戸川病院で全てをしていただきたいのですが、今からだと無理ですか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
今回のメール内容からすると、癌の確定診断はまだであることに注意が必要です。
「細胞しん」「結果少し変」「さらに検査が必要」
⇒クラス3(4?)でしょうか?
「やはり針をさしたあたりに広範囲に石灰か」
「これは、非浸潤性乳管癌かなみたいな」

⇒(画像を見ていないので)その石灰化が本当に「典型的な壊死性石灰化(多形成で、乳管に沿った)」なのかが不明ですが…
 「血性分泌=乳管内病変からの出血」も併せて考えると、その可能性は高そうです。
「非浸潤性乳管癌の可能性が高いのですか?」
⇒(少なくとも)画像から「浸潤癌を想定」はしません。
「石灰かが広範囲の場合、浸潤してる可能性も高いと聞きました」
⇒想像してみてください。
 そんな「小難しく」考えるのではなく…
 単純に
 ①「乳管の中に癌細胞が発生」⇒②「乳管内をがん細胞が増殖して拡がる」⇒③「乳管内癌として拡がっていくうちに、浸潤し始める」⇒④「浸潤した癌(浸潤癌)が硬いシコリを形成」
 上記4段階のうち、「石灰化が広範囲」ということは、それだけ②の時間が長くなるので③の機会も増えるということです。(物事はシンプルに考えましょう)
「その場合エコーでみえないほどの微少浸潤である可能性のほうが高いですか?」
⇒確率的には「その通り」です。(経験上)
「どのくらいの浸潤であれば、エコーなどでわかるのですか?」
⇒これは皆さんが考えている程単純ではありません。
 「しこりが画像(エコー)で解る」場合でも「非浸潤癌」の場合もあります。(例えば2cmのシコリを形成する非浸潤癌もあります)
 シコリを形成しているからと言って必ず浸潤しているとは限らないのです。
 逆に言うと、「エコーで見えない」からと言って、「浸潤癌の可能性がゼロ」というわけでもないのです。(ただし、シコリを形成しない進行癌などありえません)
「これは初期癌ですか?」
⇒それは間違いありません。
「あと、石灰かでみつかる癌はこめど型でたちが悪いとみました」
「浸潤していた場合、その浸潤部分も悪性が高いものになるのでしょうか?」

⇒「性質が悪い」みたいな見方は止めましょう。
 あくまでも重要なのはステージ(早期である事)なのです。
「今の段階でリンパてんいや、遠隔転位はありますか?」
⇒リンパ節転移は(限り無くゼロに近いと想像しますが)ゼロとは言い切れません。
 ただし遠隔転移の可能性はゼロです。
「予後はどうなりますか?」
⇒非浸潤癌(かどうかは、最終的には解りませんが)を想定しているのに、予後など考える必要は全くありません。(正しく治療すれば、100%となるでしょう)
「本当は信頼できる江戸川病院で全てをしていただきたいのですが、今からだと無理ですか?」
⇒無理ということはありません。
 他院で「中途半端で不毛な診断」となるよりは当院で、(石灰化に対する)ST-MMTをした方が「急がば回れ」となりそうです。
 秘書メールにマンモグラフィー画像を添付してもらえれば「緊急度に応じた案内」も可能です。
 

秘書室へメールは、
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 
画像の添付は下記アドレス宛てでお願いします。
secretaryb@edogawa.or.jp 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。