乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7304]
性別:女性
年齢:36歳
病名:乳癌
症状:乳癌治療中

田澤先生、よろしくお願いいたします。

昨年、乳癌が発覚し、もろもろの治療を終えました。
ただ今、タモキシフェン服用中です。

抗がん剤治療を終え、半年近く経ちますが、一般的にはいつ頃生理は戻ってきますか。

また、生理が戻ってくると、すぐに妊娠は可能なのでしょうか。

あと、タモキシフェン服用中に生理が戻ると、リュープリンでまたとめると聞きました。
その時は妊娠可能なのでしょうか。

デリケートな問題なので、主治医には聞けずにいます。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

Key word は「化学療法閉経」「化学療法閉経から回復した後のホルモン療法」「タモキシフェンによる催奇形性」です。

まずは『今週のコラム 170回目 化学療法閉経後に月経が復活した場合にはLH-RHagonistを併用したほうが(予後が)いいことはSOFT試験 で証明されています。』をご一読ください。
そのうえで回答します。

「一般的にはいつ頃生理は戻ってきますか。」
→年齢(30代半ば)からは半年~1年前後で戻ると思います。(無論、年齢だけで卵巣機能を評価できませんが)

「また、生理が戻ってくると、すぐに妊娠は可能なのでしょうか。」
→タモキシフェンを最低2か月は休薬しなくはていけません(タモキシフェンによる催奇形性の問題)

「あと、タモキシフェン服用中に生理が戻ると、リュープリンでまたとめる」
→『今週のコラム 170回目 化学療法閉経後に月経が復活した場合にはLH-RHagonistを併用したほうが(予後が)いいことはSOFT試験 で証明されています。』の中の『化学療法閉経後に月経が復活した場合にはLH-RHagonistを併用したほうが(予後が)いいことはSOFT試験 注 2 )で証明されています。』に記載している通りです。

「その時は妊娠可能なのでしょうか。」
→妊娠希望ならば、『ホルモン療法は一度止めなくてはいけない』ことは、上記でお判りいただけましたか?

 ★タモキシフェン内服中でも(30歳代であれば)ほぼ回復しますが、そこで妊娠してはいけません。 そこから最低2か月はタモキシフェンを休薬→妊娠OK となります。
 ★★リュープリンを併用してしまうと「その間は妊娠はしない」ので、(妊娠希望なら)最初からリュープリンは断る必要があります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。