Site Overlay

産後9ヶ月のしこり

[管理番号:61]
性別:女性
年齢:27歳
9ヶ月の娘を母乳・離乳食3回食で育てている者です。
 
今日授乳中に左の胸の内側に人差し指の第一関節程のしこりがある事に気がつきました。
張ってないのにしこりがあり不安です。
痛みはありません。
 
3回食とは言えおっぱい大好きな子で
ご飯前、後は必ずおっぱいをあげています。
寝かしつけ、夜中のグズりの時もおっぱいを飲ませています。
 
気になり出産した病院に電話したところ、圧迫しながら授乳してなくなれば問題ないです。
と言われ今日1日やってみましたがしこりはなくなりません。
小さくなったのかもよく分かりません。
 
だんだん乳癌なのではと心配になりはじめました。
ちなみに今まで母乳が詰まるなどのトラブルになった事は1回もありません。
 

田澤先生の回答

 こんにちは。田澤です。
 「授乳中に気付いたしこり」ですね。
 産科では「母乳の詰まりによる貯まり=乳瘤」を疑い、「圧迫しながらの授乳」を勧められたのでしょう。
 「それでも変化が無いので心配」というお気持ちは良く解ります。
 それでは回答します。

回答

(産科でも疑っているように)乳瘤の可能性が高いと思います。
頻度としては、
乳瘤 >>>> 線維腺腫 >>> 乳癌

乳瘤
ミルクが貯留したのう胞=袋。
 授乳期に自覚するしこりとしては最も多い。
 圧迫することにより、ミルクが乳管へ流れ込めば小さくなる。
※うまく流れない事もあるが、その場合でも授乳が終われば自然と吸収されてしまう。
線維腺腫
 20代~30代にできる良性腫瘍。
 女性ホルモン(エストロゲン)の影響を受けるため、妊娠により大きくなることあり。
 20代で出現する「しこり」としては、乳がんとは比較にならない位頻度が高い。
乳癌
 20代では頻度はかなり低い(全乳癌の0.4%以下)。
※乳癌が「他の癌に比べて、若い時期に多い」事は間違いありませんが、それでも20代ではかなり稀なのです。30歳代後半から急激に増加します。
 トップページの「乳癌の現状」を参考にしていただきたいのですが、20歳代は70歳代の1/30以下、80歳代の1/20以下です。

 

実際には

 しばらくは様子を見てみましょう。
 乳瘤であれば、圧迫して内容が流れて小さくなる事も多いです。
 暫く様子を見ても(1~2カ月程度)変化無い時には、乳腺外科を受診してください。
 超音波検査で、すぐに判明します。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up