Site Overlay

再発予防法と体の不調

[管理番号:7631]
性別:女性
年齢:50歳
病名:
症状:肋骨 脇腹の痛み

治療法と背中・脇腹の痛み
2016年
4月 左小葉癌 2.7cmと1.8cm
リンパ節転移無
ER PR90 HER2陽性
6月~ EC ドセ+ハーセプチン
2017年
1月 乳癌、乳房同時再建手術
(深下腹壁動脈穿通枝皮弁)
2月~ タモキシフェン リュープリン(6ヶ月製剤)

①術前の抗がん剤治療途中から生理がありません。
SOFT試験の結果よりリュープリンは私には上乗せは無いのでしょうか?

②術前から背中のダルさ腰痛有りましたが、
最近その症状に加えて眠気、脇腹(右側)の痛み、肋骨(左側)のチクチクした痛み、腹部の摘まむ様な痛みが出てきました。

これらはホルモンの刺激痛と手術の後遺症と捉えて良いのでしょうか?
またリュープリンの影響とも考えられますか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「①術前の抗がん剤治療途中から生理がありません SOFT試験の結果よりリュープリンは私には上乗せは無いのでしょうか?」
⇒月経再開したら開始しましょう。

「これらはホルモンの刺激痛と手術の後遺症と捉えて良いのでしょうか?」
「またリュープリンの影響とも考えられますか?」

⇒その両方のようです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
監修:江戸川病院 田澤篤 医師

Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up