Site Overlay

再発について

[管理番号:6470] 性別:女性
年齢:47歳
再発について教えて下さい。
2015年12月に乳ガンの告知を受け、
2016年1月に部分切除、
216年5月に全摘出と同時再建、
2017年5月にエキスパンダーの入れ替え手術をしました。
今はホルモン療法ノルバディクス20gを服用しています。
あれから約1年が過ぎたのですが、2~3日前に鏡を見ていると摘出した側の右わきと首にそれぞれ1つづつ、虫刺されのような小さな赤み数ミリ程度のものがあります。
痛くはないのですが、再発の中に「皮膚の赤み」というものを見つけ、再び、ガンを宣告された時のような不安感に襲われ夜も眠れません。
次の検診は2ヶ月先なのですが
早めに受診した方がよいでしょうか。
もし再発だとすると根治は難しいのでしょうか。
生存率はどのくらいなのでしょうか。
また子供が小学生なので絶対に死にたくありません。
アドバイスをお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「摘出した側の右わきと首にそれぞれ1つづつ、虫刺されのような小さな赤み数ミリ程度のもの」
「次の検診は2ヶ月先なのですが早めに受診した方がよいでしょうか。」

⇒皮膚転移の心配をしているのでしょうが…
 部位的には、違うと思います。
「もし再発だとすると根治は難しいのでしょうか。」
「生存率はどのくらいなのでしょうか。」

⇒現時点で「再発を想像する必要はない」ようです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up