Site Overlay

良性から悪性に変わる?

[管理番号:233]
性別:女性
年齢:49歳
5年ほど前、左乳房に痛みがあり、組織検査で良性と判断されました。
1年毎にマンモとエコーで経過を見てもらってます。
最近、両乳房全体的に痛みが出てきて、心配で診察してもらうと「痛みは心配ない、半年前にマンモ検査をしているので、大丈夫」と言われ検査はしてもらえませんでした・・・不安です。
また「良性の物が悪性に変わる事もある」と言われたのですが、Q&Aを読んでいると、それはない様に回答されているのを見ました・・・
でも、経過観察をすると言う事は、悪性に変わる事も有るのでしょうか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 それでは回答します。

回答

「悪性に変わる事も有るのでしょうか?」
⇒良性が悪性に変わることはありません。
 担当医師が「良性の物が悪性に変わる事もある」といった真意は不明ですが…
 「癌」は「癌細胞」が発生して「その一つの癌細胞が増殖」してできます。
 良性腫瘍が癌に代わることはありません。
 
●質問者の症状は「乳腺症」だと思われます。(年齢的には合致します:30歳代後半~閉経期にかけて卵巣機能が不安定となり、女性ホルモンが正常乳腺を刺激する症状)
 ただ「検査はしてもらえませんでした」というのは「その医師の診療は正しくありません」
 ⇒その医師も(症状からは乳腺症だろう。半年前にマンモも撮ったし)という気持ちだったとは思いますが、「きちんと診察して、確認したうえで」そのような診断をくだせば「質問者を不安にすることがなかった」と思います。
 
◎「以前、良性と診断されたのに、数年後癌と言われた。 良性が癌になった」ような話を時々患者さんから聞きます。これの原因は以下の3つと考えられます。(つまり、そもそもの診断が誤診だったのです)
①医師が(マンモや超音波など画像検査のみで「これは良性だよ」という診断だった場合
②医師が(細胞診や針生検をしたが)、狙いが腫瘍から外れていて(サンプリングミス)「良性」と診断した場合
③(②と似ているが)腫瘤非形成性病変に対し(そもそも)誤った部位からサンプリングして「良性」と診断した場合
※医師の中には、予めこれら「診断ミス」が生じる可能性を考え「今は良性だけど、将来悪性になるかもしれない」と説明したうえで、「経過をみましょう」としている者もいるでしょう。
 
★本来「針生検など組織診断」は100%正確でなくてはなりません。
 私は、針生検で良性と確認したら「経過観察は不要」、ただ「全く新しい病変が今後でる可能性はあるので、1年に1回の定期検診を受けてください」としています。

Scroll Up