乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:1998]
性別:女性
年齢:47歳
はじめまして。
海外(アメリカ)在住です。
ステージ2-b で、術前抗がん剤治療を終了し、マーモグラフ、エコー、
MRIでは、腫瘍が画像上、なくなりました
12/22に手術をする予定です。
脇のリンパについて、臨床試験をかんがえてみてはと、説明を受けました。
ネガティブだった場合、放射線治療をしないと、いうものです。
先生は、どう、お考えになられますか?
リスクは、ありますか?
おしえてください。
よろしくおねがいいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
この臨床試験の解釈をさせてもらうと
化学療法前に「リンパ節転移陽性」が化学療法により「画像上消失」した場合に「センチネルリンパ節生検でネガティブであれば、追加郭清も術後照射もしない」というものでしょうか?
私は「化学療法前の状況」をもとに「治療方針を決める」方がいいと思います。
そもそも「化学療法前にリンパ節転移が画像上明らかだった」のであれば、「センチネルリンパ節生検すべきでない」と考えています。
 
「ネガティブだった場合、放射線治療をしないと、いうものです。」
⇒私は反対です。
 そもそも(術後の放射線照射云々ではなく)「センチネルリンパ節生検」ではなく最初から「腋窩郭清」すべきです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。