乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:7671]
性別:女性
年齢:53歳
病名:乳癌
症状:

2014年10月に、左乳癌 8ミリで、ラジオ波手術を勧められてしました。

他施設共同研究で、臨床実験です。

今年の10月で5年を迎えますが、
乳癌は再発の心配が5年以降も続くと聞いています。

私は、本当にこの手術で良かったのか?
と、不安になります。

今からでも標準治療に変更して、
乳癌のあった箇所を手術で
切除する事は可能ですしょうか?
今更、切除は無意味でしょうか?
術後は、放射線治療をしています。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

ラジオ波後の局所再発で当院で手術したケースは実は結構多いのです。
当院では局所再発した症例しか受診しないから(再発したから、困って受診するわけです)、実際は質問者のように「上手くいっている」ケースもあるのでしょう。

ただ、どうしてもそのような症例(ラジオ波後に局所再発した症例)を沢山みているので、『心配なら、(当然)手術すべき』という考えです。

「今からでも標準治療に変更して、乳癌のあった箇所を手術で切除する事は可能ですしょうか?」
⇒勿論。問題ありません。

 そのようなケースでは(手術してみると)「viableな癌が存在していた」ということもあるし、「癌が(おそらくラジオ波で)変性しており、viableな癌細胞は存在しません」となることもあります。
 ★考え方としては…
  「温存手術後に、断端陽性だったけど経過を見ている」(断端陽性だからといっても放射線をかけることで局所再発しないことは勿論あります)状態に近いと思います。

「今更、切除は無意味でしょうか?」
⇒全く、そうは思いません。
 「最大限のrisk回避」そう思います。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

ホルモン療法5年OR10年か
性別:女性
年齢:53歳
病名:乳癌
症状:

 先日、投書をさせて頂いたものです。

 2014年10月に乳癌手術をラジオ波でしました。

 腫瘍は8㎜です。

 ホルモン陽性です。

 治療は放射線と、ノルバディクスを5年服用しています。

 昨年、子宮卵巣を摘出しました。

 一時期アリミデクスを服用していましたが、
 副作用が強くノルバディクスに戻しました。

 ノルバディクスに戻してからも、リウマチの症状が
 残っています。

 乳癌は、5年で完治とはいえず、最近では10年薬を服用
 することもあるようですが、できれば、5年で終わりたいと
 思っています。

 5年で止めると再発や転移の可能性はどれくらい増えるのでしょうか?
 また、ラジオ波でしているので飲み続けた方がいいのでしょうか?

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「 5年で止めると再発や転移の可能性はどれくらい増えるのでしょうか?」
⇒標準治療から逸脱しているので…
 回答は困難です。

「また、ラジオ波でしているので飲み続けた方がいいのでしょうか?」
⇒そんな心配をするくらいなら…

 きちんと手術したほうがいいのでは?





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。