Site Overlay

ステージ3C ルミナルA 今後の方針について

[管理番号:9999]
性別:女性
年齢:43
病名:乳管癌ステージ3C
症状:胸のしこり 痛み
投稿日:2022年1月12日

はじめまして、先月乳がん告知を受けて年末年始と検査を行いました。

腫瘍は1センチ程度、ホルモン受容体陽性、Her2は1+、
Ki67は8.4で大人しい癌のようですが、腋のリンパの腫れを
指摘され組織診をしたところ悪性の細胞が見つかり、
更にエコーでは鎖骨下までの転移が疑われる、との事でステージ3Cとの事です。

ただ、いまエコーで確認されるリンパ節転移は5個、鎖骨下の転移は微小だそうです。
鎖骨下は手術で開いてみない限りまだ確定できないとの事でした。

術前に抗がん剤との治療方針ですが、先に手術の方がいいのでは?
と思ってしまいます。

先生のお考えをご教授できれば幸いです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「術前に抗がん剤との治療方針ですが、先に手術の方がいいのでは?
と思ってしまいます。
先生のお考え」

⇒勿論「手術先行」です。

何故、その主治医は「抗がん剤先行」と言っているのか?
★鎖骨下リンパ節郭清ができない(自信がないから)と「勘ぐって」しまいます。
 ご参考に。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

ステージ3C ルミナルA 今後の方針について
性別:女性
年齢:43
病名:乳管癌ステージ3C
症状:胸のしこり 痛み
投稿日:2022年1月23日

先日はご回答をありがとうございました。

PET CTの結果、目に見える転移は無いということで、担当医と相談して手術を先に行ってもらうことになりました。

乳頭温存右胸全摘、少なくともレベルⅡまでの郭清、開いてみてⅢまで覚醒するかもしれない、との事です。

ただ、術後に抗がん剤の場合効き目がわからないこと、浮腫の確率が高くなることがデメリットといわれました。

先生はこの場合、術後に抗がん剤、放射線等どのような方針で治療を行いますか?
オンコタイプはいまの時点でリンパ節転移が5個なのでできないといわれました。

先生でしたらどの抗がん剤を使われるでしょうか?抗がん剤は当てますでしょうか?
予後が心配です。

またご教授いただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

リンパ節転移が(今の時点:画像所見)5個であれば(最初から)レベル3までの郭
清(腋窩鎖骨下郭清)すべきです。

乳房全摘+腋窩鎖骨下郭清 ⇒ 術後抗がん剤(anthracycline x4 ⇒ taxane x4) ⇒ 放射線治療(胸壁+鎖骨上)
ご参考に。

 
 

 

質問者様から 【質問3 】

ステージ3C ルミナルA 今後の方針について
性別:女性
年齢:43
病名:浸潤性乳がんステージ3C
症状:胸のしこり、痛み
投稿日:2022年2月8日

3回目の質問になります。

前回、前々回とありがとうございました。

田澤先生のお話も参考にさせていただき、無事に2/(上旬)に右胸全摘、レベル3までのリンパ節郭清の手術を終えました。

まだ廃液が減らずに入院中です。

術中の迅速診断でレベル2の腫れているリンパ節1つに転移がみられたと言う事でレベル3まで郭清をしたそうです。

レベル3への転移は病理結果まだまだわからないそうです。

40個ほどリンパを取ったと教えていただきました。

元々は大人しく小さい腫瘍、リンパ節も転移無しと言われていたのがどんどん悪い告知が重ねられていって精神的に少しふあんていになっています。
リンパ節に転移しているから今後できること
は何でもした方が良いと担当医に言われ、いまは転移再発が不安です。

先生、何かこの状態で今後に対する助言等あればお願いできますでしょうか?
抽象的で申し訳ありませんがよろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは田澤です。

先生、何かこの状態で今後に対する助言等あればお願いできますでしょうか?
⇒病理結果を待ちましょう。(其の分だと、入院中に出るかもしれませんね?)

 
 

 

質問者様から 【質問4 】

ステージ3C ルミナルA 今後の方針について
性別:女性
年齢:43
病名:乳管癌ステージ3C
症状:胸のしこり 痛み
投稿日:2022年3月11日

田澤先生

前回は術後で不安定になり、的の射ない質問をしてしまって申し訳ありませんでした。

今回術後の最終病理結果が出たので質問をさせてください。

浸潤性乳管癌 硬性型
リンパ節転移 33/40個
ER(+)PR(+)
HER2 1+
脈管侵襲 中等度
核異型度 1
Ki67 7%
がんの浸潤径 16×7mm
レベル3鎖骨下までリンパ節転移していたが大胸筋等には見られなかった

との結果を受けました。

抗がん剤が効かないと言われたのですが、それでも避けられないと言われています。

脈管侵襲も気になります。

抗がん剤をする意義、脈管侵襲はどの程度予後に関わってくるのか、
今後田澤先生でしたらどのように治療をしていくか、ご教授いただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは田澤です。

「抗がん剤が効かないと言われたのですが、それでも避けられないと言われています。」
⇒リンパ節転移4個以上では「抗がん剤による上乗せが無い」というエビデンスが無い以上、抗がん剤を勧めざるを得ないというのが実状です。

「抗がん剤をする意義、脈管侵襲はどの程度予後に関わってくるのか」
⇒無関係 
 気にしないように。

今後田澤先生でしたらどのように治療をしていくか」
⇒ anthracycline(ECもしくはACもしくはFEC)3か月間⇒taxane(docetaxel もしくは
paclitaxel)3か月間⇒radiation(SCを含むPMRT) radiation開始と並行してtamoxifen開始
上記が標準治療です。
ご参考に。

Scroll Up