Site Overlay

トリプルネガティブ乳がん

[管理番号:9967]
性別:女性
年齢:49
病名:トリプルネガティブ乳がん
症状:胸のしこり
投稿日:2021年12月22日

田澤先生、はじめまして。

私は6月に市の検診でマンモグラフィと、触診をして異常なしの結果をもらいましたが、7月に入って左胸にしこりのようなものを見つけ、クリニック受診しました。

1cmほどのしこりがあるとの事で、細胞診ではクラスⅢb、その後の針生検では良性との診断で3ヶ月後の検診となりました。

そしてつい先日、クリニックに伺うと2cmになっていた為、再度針生検でトリプルネガティブ乳がんとの診断となりました。

グレードも3、ki67も80パーセントとかなり悪いとのこと。

本日、大学病院にてまずは術前に化学療法をし、小さくしてからオペとのことでした。

ペットとMRIを来週して転移などをまず見るとのことです。

そこで、田澤先生の見解を教えていただきたいのですが、この一般的な方法でよいのか、術前化学療法にキイトルーダなどの投与などは効果があるのでしょうか?
先生の数多くの症例でトリプルネガティブ乳がんの方々の完治度など知っていらっしゃる範囲でわかれば教えていただきたいです。

どのサイトを見ても、悪いものばかりのみ目につくため、前向きになれずにいます。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

それにしても、このクリニックの医師には呆れ果てます。 今週のコラムで取り挙げずには「腹がおさまらない」!!!

『(結局)癌だったのに、3か月前の針生検で良性』とは!! 
こう言う医師が溢れかえっていることが、本当に腹立つ。(質問者には申し訳ありませんが…)

「術前化学療法にキイトルーダなどの投与などは効果があるのでしょうか?」
⇒誤りです!!

 キイトルーダの適応は「手術不能、再発乳癌」であり、術前術後の化学療法としては適応外です!!
 ★術前術後の化学療法としてはanthracycline と taxaneしか適応は通っていません。(HER2陽性の場合には、これら+trasutuzumab, pertuzuamb, carboplatinも適応あり)

「先生の数多くの症例でトリプルネガティブ乳がんの方々の完治度」
⇒何か勘違いしている??

 再発率は(サブタイプではなく)ステージで考えてください。
 ご参考に。

Scroll Up