Site Overlay

生検をしたのですが、診療明細書にHER2タンパクの記載が

[管理番号:9959]
性別:女性
年齢:45
病名:乳がんの精密検査
症状:自覚症状は特になし
投稿日:2021年12月21日

初めまして、お忙しいところ失礼します。

11月下旬、人間ドック(超音波)で両胸カテゴリー3病変あり、とのことで本日診察にいってきました。

マンモグラフィーを撮影しました。
医師からは、マンモグラフィーは異常なし、念のため超音波で再度みてもらったところ、
右側に4ミリほどの腫瘍、左側は13ミリの腫瘍があり、両方生検いたしました。
医師は、「右側は腫瘍は小さいけれど金平糖のような形をしていて(周りがトゲトゲしていて)怪しい、左は乳腺症か0期の乳がんの可能性がありますね。
結果を1週間後に聞きに来てください」と言われ、会計したのですが、診療明細書には「HER2タンパク」「免疫染色病理組織標本作成」との記載が・・・。
つまり、私は癌ということなのでしょうか・・・?生検の結果も出る前から医師の目からみたらかなり疑わしいということでしょうか・・・。
不安で押しつぶされそうになっています。
お忙しい中申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「診療明細書には「HER2タンパク」「免疫染色病理組織標本作成」との記載が・・・。
つまり、私は癌ということなのでしょうか・・・?生検の結果も出る前から医師の目からみたらかなり疑わしいということでしょうか・・・。」

⇒これは勘違いですね。

癌かどうか不明~癌の可能性がある場合に(癌と診断されてから、追加検索すると)
「遅くなるから」と言う理由で『予め結果が早く出るために』このように同時にオーダーする医師がいます。
★この場合には病理伝票には『癌でなかったら、免疫染色はしないでください(もしくは、癌だったら免疫染色追加お願いします)』と記載している筈です。

質問者の場合には担当医が『右側は腫瘍は小さいけれど金平糖のような形をしていて(周りがトゲトゲしていて)怪しい』というのが正直な所見だと思います。(つまり画像上は「怪しい」が「確実ではない」)

★因みにこのような「同時オーダー」は(もしも癌だった場合に)サブタイプが早くわかるから(我々にとって)理想的なのですが、自治体によっては「免疫染色は癌と判明してから、後日オーダーしないと保険できられる」ところがあります。
 私は仙台時代は同時オーダーしていたのですが、東京では厳しかったので(どんなに癌が確実でも)同時オーダーはしていません。

Scroll Up