Site Overlay

非浸潤性乳管ガンの再手術について

[管理番号:9681]
性別:女性
年齢:42
病名:DCIS 非浸潤性乳管ガン
症状:
投稿日:2021年8月31日

こんにちは。

アメリカで治療を受けているのですが、先生のアドバイスをいただければ嬉しいです。

42歳女性です。
右胸について非浸潤性乳管ガンと診断を受け、今月中旬に温存手術を受けましたが、検査の結果、再手術になりました。

術前検査
DCIS 2x 0.5 x 1.8 cm
ER 90%
Grade 1
8時の方向

術後
DCIS At least 42mm
ER 90%
Grade 2
Positive Margin :Posterior Focal,Superior Focal Distance from other Margins:
Anterior 1mm
Inferior 2mm
Medial 5mm
Lateral 1mm

外科の先生の話では、
Anterior  :筋肉ぎりぎりまですでに取っているので、これ以上取れない
Lateral :ここを追加を切除する、

1.グレード2なので、再手術したほうがいいと言われましたが、先生でも再手術しますか?

2. 筋肉側にまで乳管は伸びているのですか?端はどこまであるものなのでしょうか?

3.放射線とホルモン治療も必要でしょうか?

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「1.グレード2なので、再手術したほうがいいと言われましたが、先生でも再手術しますか?」
⇒グレードは無関係ですが…

 1mmであれば、それでいいでしょう。

「2. 筋肉側にまで乳管は伸びているのですか?」
⇒伸びていません。

「端はどこまであるものなのでしょうか?」
⇒乳腺内

3.放射線とホルモン治療も必要でしょうか?」
⇒温存手術なのだから放射線(温存乳房照射)は必須
 非浸潤癌だから薬物療法は不要

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

ホルモン療法
性別:女性
年齢:42
病名:
症状:
投稿日:2022年1月26日

こんにちは。

先日はご回答いただきありがとうございました。

あれから、2回目の部分切除を受け、取りきれたということで、放射線治療をいたしました。

放射線治療後、腫瘍科の先生に会ったところ、ホルモン療法を強くすすめられました。

DCISならホルモン療法は不要と聞いたといったところ、全摘でなく部分切除でホルモン療法をやらないのはありえない、
アメリカでは部分切除後、放射線治療とホルモン療法が標準治療だと言われました。

もし、ホルモン療法を受けないなら3か月に1度、マンモを受けないといけないとまで言われました。
(あり得ないとは思いましたが)
タモキシフェン5mgなら副作用も少ないし、効果はあると言われ、承諾してきてしまいました。

家に帰ってきてから色々調べてみたもののタモキシフェン5mgにした場合の副作用や効果については
見つけることができませんでした。

日本では一般的はないのかもしれませんが、タモキシフェン5mgの場合でも効果はあるのでしょうか?
効果は副作用を上回りますか?とりあえあずやってみる価値はあるのでしょうか?

また、通常DCISの部分切除して、放射線治療した後の定期健診は
どのくらいの頻度で何を行うのがいいのでしょうか?マンモと超音波を1年に1度でしょうか?

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

非浸潤癌では薬物療法は不要です。(私は「決して」行いません)
非浸潤癌では年に1回のエコー+マンモでOKです。(十分です)
ご参考に。

Scroll Up