Site Overlay

タキサン治療の選択方法

[管理番号:9268]
性別:女性
年齢:42
病名:浸潤性微小乳頭癌
症状:
投稿日:2021年3月22日

左の浸潤性微小乳頭癌術後の化学療法について
リンパ節転移が10個
Her2陰性、ホルモン陽性でした。

Ec療法を4コース終え、続いてタキサンの治療が必要と言われました。

主治医より、パクリタキセルを毎週12回行う方法と、ドセタキセルを3週間に1回4コース行う方法があるとのことで、どちらでもいいですよとのことで、迷っております。

私はアルコールには強く、週一で通うことも問題ありません。

どちらが再発抑制効果が高いのでしょうか?
田澤先生のご意見と、その理由についてお伺いしたいです。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「田澤先生のご意見と、その理由」
⇒単純に…

 「副作用が強くても、通院回数を減らしたい」人にはdocetaxelを、「通院回数は多くていいけど、副作用が気になる」人にはpaclitaxelをお勧めしています。
 ★効果はほぼ同等です。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up