Site Overlay

グレードについて

[管理番号:9221]
性別:女性
年齢:47
病名:左浸潤性乳管がん1.2×0.6 ステージ1 グレード3 リンパ転移なし 脈管浸潤あり
症状:
投稿日:2021年3月1日

2年前に乳がんが分かり手術抗がん剤放射線をして今ホルモン治療中です。

術後の病理検査でステージ1 ki59グレード3と診断されました。

その時主治医にグレード3の中でも2よりの3ではなく3よりの3と言われました。

それがずっと引っかかっており。

質問です。

それはグレード3の中でも再発しやすい、転移しやすいということでしょうか?
なぜわざわざその事を伝えられたのか再発しやすいですよということなのでしょうか?
ずっとモヤモヤしてます。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「なぜわざわざその事を伝えられたのか」
⇒それは「全く」不明です。

「再発しやすいですよということなのでしょうか?」
⇒無関係(参考程度)

★「グレード3の中でも2よりの3ではなく3よりの3」
⇒この意味は
 グレードが「核異型(1点~3点)」と「核分裂(1点~3点)」の2項目の点数の「和」なのです。

 グレード1 (上記和が)2点もしくは3点
 グレード2 (上記和が)4点
 グレード3 (上記和が)5点もしくは6点

 つまり質問者が(グレード3の中でも)5点ではなく、6点(核異型3点+核分裂3点)であることをコメントしたのです。

 



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
17+
Scroll Up