Site Overlay

恐れていた転移

[管理番号:9219]
性別:女性
年齢:46
病名:乳癌
症状:転移
投稿日:2021年2月27日

田澤先生、こんにちは。
乳がんが見つかってから4年がすぎ、恐れていた転移が見つかってしまいました。
これからの自分の体調や子どもたちの事などを考えて、毎日とても落ち込んでいます…厳しい状況だと理解をしていますが、何の症状もなく普段どおり過ごしており、あとどれくらい元気でいられるのか不安ばかりが募っています…ぜひ田澤先生のご意見を聞かせて下さい。
よろしくお願いします。

2016.12手術 左側 浸潤性乳管癌、ホルモ
ンER陽性、PgR陽性、HER2陰性、Ki-67
10%、核異形度2、ルミナールA、リンパ節転
移4個、全摘し再建
2017.1 EC療法 2週間間隔を4回、アブ
ラキサン療法2週間間隔を4回、
2017.7 再建手術→10月から放射線
タモキシフェンを服用
2021.2 46歳  肺転移(小さなぼんやりと
したものが両肺に数個)、肝臓にはCTとエコ
ーで8ミリほどの病変が見られるが、PET検査
では異常なし→転移だろうとの判断で治療開
始、骨への転移はなし
2.15より イブランス3週間服用1週間休薬
フェソロデックス3回目まで2週間おき、その後4週間おき
LH-RHアゴニスト半年に1回

①田澤先生は、この場合どのような治療を薦めますか?          
②治療薬は沢山あると言われましたが、イブランスが効かなかった場合は、抗がん剤になるのでしょうか?
③イブランスで癌が消える事はありますか?
④イブランスを長く使えている人はいるのでしょうか?
⑤3ヶ月に1度画像チェックをすると言われましたが、急に増殖するのではととても不安です…そのような事はありますか?
⑥あとどれくらい元気でいられますか?5年生存率を見ると絶望的になっています。
5年以上
生存している方はいらっしゃいますか?
⑦体重減少が気になります。
やはり体の中に癌があると体重が減るものですか?
⑧保育士のパートをしていますが、体力を使う仕事はしない方がいいですか?
⑨栄養療法を取り入れたいと思っていますが、先生はどう思われますか?

お忙しい中、沢山質問をしてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

Life-threateningでないから、まずはCDK4 inhibitor(palbociclib / abemaciclib)で治療するというのはガイドライン上無論誤りではありません。
ただ、私であればまずは抗がん剤してcCRを狙い、その後CDK4にしたいと思います。

★術後補助療法としてEC(anthracycline)とnab-paclitaxel(taxane)を用いていますが、もう一度anthracyclineを用いても効果は期待できます。
 しかし(未施行である)bevacizumab+paclitaxelが最善だと思います。

(以下、参考に)
Bevacizumab+paclitaxel (3 months) ⇒ eribulin(3 months) ⇒可能ならcCRに
して⇒「ここで」CDK4 inhibitor(第1選択はpalbociclib)



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
78+
Scroll Up