Site Overlay

腫瘍サイズから考えて全摘か温存か

[管理番号:9037]
性別:女性
年齢:47歳
病名:左浸潤性乳がん
症状:MRI 4cmの腫瘍(エコー3cm)
投稿日:2020年12月7日

はじめまして。
乳がんと診断されて半月ほどですが、こちらで色々と学ばせていただき理性をもって
乳がんに向き合う勇気をいただいております。
当初に言われた腫瘍サイズより大きくて全摘か温存などで悩んでいます。

生検で乳がんと診断後(地元クリニックのエコーでは1cm)、その後の大きな病院の精密検査のエコーで腫瘍が1つあり2センチと診断され、主治医の方から「この状態だったら温存を勧めます」と言われました。
(全摘を選ぶ人もいますよ、とも併せて伝えられました)

その後、MRIの診断をもとに主治医から口頭で4cmの腫瘍であることが改めて伝えあられました。
MRIの結果が出た日に主治医自身がエコー検査を行い、3cmでいくつかの腫瘍がつながっていると言われました。
(検査報告書には「左9
時から11時の入島方向に連続するnon-mass enhanceがあり、乳頭直下まで造影効果を認めます。
頭尾方向に
3.3cm、乳頭方向に4.7cmの広がりがあります」との記載だったことに帰ってから気づきました)その上で、温存か全摘かいまはどう思われているか聞いたところ、「ぎりぎり温存でいける。まあ、温存を勧めるかな。
取りきれなかったら再手術で全摘することも可能だから。
ただ、かなり左右でボリュームが違ってくる可能性がある」と言われました。
そこで質問です。

(1) MRIとエコーではどちらのサイズが信頼できるものなのでしょうか?検査報告書
では最大4.7cmとありますが、主治医の口頭での4cmとのずれは主治医の伝え間違いなのでしょうか。
また実際に手術で切除した結果もっと大きかったということはあるのでしょうか。

(2) 上記の腫瘍のサイズで温存手術はできるものなのでしょうか。
主治医の先生の「ぎりぎり」という言葉が気になっています。
取りきれない可能性がどのくらいあるのかなども不安ですし、どのくらいボリュームが変わるのか審美的なことも不安です。
(主治医は前者は取ってみなければわからない、後者はシミュレーションしにくいと
仰っていました)先生のご経験から感覚的なものでも構いませんので教えていただければ幸いです。

(3) 再発率以外に、温存のメリット(例えば、体の負担が少ないなどありますでしょ
うか)とデメリット、全摘のメリットとデメリットがあれば教えていただければ幸いです。

(4) 乳頭に近いですが、乳頭自体取ることはどれくらいあるのでしょうか?

ちなみに詳しい検査結果は以下のとおりです。

(右側腫瘍)
核異型スコア(2)
核分裂像スコア (1) →グレード1
HER2 score(2+) →FISH法の結果待ち
ER score +
PgR score +
Ki-67 index: 5%
生検の組織型: scirrhous type
腋窩リンパは小さく有意ではない。

(左側)→MRIの結果、現在針生検の結果待ち
右A12時~3時に拡散強調画像で高信号、早期造影効果があり、頭尾に2.4cm、乳頭方
向に3.5cm。
乳頭までの距離は2.3cm

たくさん質問して恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは田澤です。

「(1) MRIとエコーではどちらのサイズが信頼できるものなのでしょうか?検査報告
書では最大4.7cmとありますが、主治医の口頭での4cmとのずれは主治医の伝え間違いなのでしょうか。
また実際に手術で切除した結果もっと大きかった
ということはあるのでしょうか。」

⇒よく考えてみましょう。

 画像診断での評価が全く同じであれば、複数の検査をする意味はありません。
 一般的にMRIはエコーで見えない拡がりが解ります。(だからMRIをするのです)

 ただ、MRIでの拡がりはあくまでも「肉眼レベル」 手術標本での「顕微鏡レベル」は細胞レベルでの拡がりを見るので、もっと広くなります。
 つまりイメージとして
 肉眼的拡がり(エコー<MRI)<顕微鏡的拡がり(手術病理診断)
 ★だから、2cmマージンが必要なのですよ!!

「(2) 上記の腫瘍のサイズで温存手術はできるものなのでしょうか。」
⇒できるでしょう。
 ただ、整容性が保たれるのか?は(もともとの乳腺の大きさとの比率によります)
 ★同じ4cmの腫瘍でも10cmの乳房の人と6cmの乳房の人とでは「比率が異なる」ですよね?

「(3) 再発率以外に、温存のメリット(例えば、体の負担が少ないなどありますで
しょうか)とデメリット、全摘のメリットとデメリットがあれば教えていただければ幸いです。」

⇒温存では放射線が必要くらいです。

「(4) 乳頭に近いですが、乳頭自体取ることはどれくらいあるのでしょうか?」
⇒ありません。 乳頭直下の腫瘍以外で「乳頭浸潤は殆ど無い」ですよ。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
16+
Scroll Up