乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:792]
性別:女性
年齢:39歳

質問者様の以前の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の以前の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:573「血性分泌液」

 
 
先生お世話になっています。
マンモグラフィー中に
血性分泌液がでたことから
造影剤を使用したMRIに
行ってきました。
先生のおっしゃるとおり
結果は陰性となりました。
その際乳管造影をお願い
したのですが痛みがあるのに
検査の半分は失敗に終わる
と言われ半年の様子見になりました。
これも先生のおっしゃるとおりでした。
今できることは大学病院で
制度の良いマンモグラフィーを
使ってとることか組織をきりとって
検査かどちらかしかないけど
分泌液も絞らないとでないようなら
それもできないというような
ニュアンスでした。
薬は飲んでませんが
まだ分泌液はでています。
左右ともに2~3の穴から
分泌液がでており色は右が白~茶色
左は白~黄色っぽいです。
右の分泌液のみ同じ場所から
白~茶色い液が確認できます。
試験紙がないので左の分泌液は
血性かどうかわかりませんが
2~3のいくつかの穴からでて
いるのが確認できます。
半年様子見して良いのか不安で
いっぱいです。
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「乳頭異常分泌」にかんしては、「正しい診療を期待する事は難しい」ようです。私もそのような現状を「このQandAをしていて確信」しました。
 「乳頭異常分泌に関して大事なこと」は以下の3点です。
①血性であることに「振り回されない」
⇒「血液反応」とか検査しているようですが、全く無意味です。
むしろ大事な事は「単孔性」であることです。
 「血性」分泌の意味は、「単孔性、血性」であると「癌の確率が、かなり上がる(特に50歳代以降)」ということです。
 ♯ 単孔性の場合 
非血性では 
乳頭腫(良性)> 乳癌
血性では    
乳癌  > 乳頭腫(良性)
 
②単孔性であれば、「性状に関係無く」精査(乳管造影)が必要
⇒ただ、今回の担当医も「半分で失敗するとか、全く乳管造影を期待できる状況にはありません」
 
③自分の身は自分で守る
⇒正しい診療がされない以上は、(もしも癌であったとしても)「進行させないように」自ら気を付ける必要があります。
 自己検診で「シコリが出現」したり、「シコリが硬く」なることに気を付けるべきです。
 
 江戸川病院では「緊急告知:血性乳頭分泌」で周知した効果もあり、「乳頭分泌で他院で診断がつかない」方達が数多く受診されています。
 外来で「乳管造影」⇒2泊3日で「乳管(腺葉)区域切除」のパターンも多くなっています。

回答

「大学病院で制度の良いマンモグラフィーを使ってとること」
⇒全く無意味です。
 
 マンモグラフィーで写るものではありません。
 大学病院では診断が付かない事は確実です。
 
「分泌液も絞らないとでないようならそれもできない」
⇒絞って分泌液が出るのであれば、「乳管造影」も(手術中に分泌乳管へ色素をいれて、その染色された乳管を選択的に摘出する)「乳管(腺葉)区域切除」も可能です。
 ♯本来は「乳管造影により、所見を確認」し、(乳管に異常=手術適応がある)場合に「乳管(腺葉)区域切除」を行うべきですが…
 
「左右ともに2~3の穴から分泌液がでており色は右が白~茶色 左は白~黄色っぽい」
⇒普通の「多孔性分泌」(乳管内病変ではなく、分泌全体の亢進)のように思います。
 たまたま、「分泌亢進している乳腺」に「乳管内病変ができた」というストーリーは確率的には低いですが、
 それは、最終的には否定できないので、(良く観察して)『明らかに、この乳管は別物』という所見が確認できたら、「乳管造影」すべきです。
 そうでなければ「経過観察」でいいと思います。
 MRIなど無意味なので、「まずは超音波でのフォロー」でしょう。
 
 

 

質問者様から 【感想2 血性分泌液】

先生早々に回答ありがとうございます。
また丁寧な回答をいただきとても
わかりやすかったです。
私の通っている病院の先生は
私があれこれ質問すると
今月若い方が何人も進行した乳がんの方が
見つかっているのにその人から
みたらあなたの状態は幸せなのですよ。
これ以上する検査はないですっと言われました。
セルフチェックをこころがけ
半年様子を見てみようと思います。
先生のような先生がこちらにいないのが
残念でなりません。
本当にありがとうございました。
 
 

 

質問者様から 【質問3 血性分泌液の多孔性、単孔性の疑問】

先生1つお伺いしたいのですが
多孔から分泌液がありその中の
1つの穴からの分泌液のみ血性の
場合でも多孔性となるのでしょうか?
私は1ヶ月前のウロピースて
両胸血性でしたが右胸は
1つの穴からの分泌液が
血性に感じられました。
血性ということに
ふりまわされず多孔性と
いう認識になるのでしょうか?
分かりにくい質問ですが
よろしくお願いします。
 

田澤先生から 【回答3】

 こんにちは。田澤です。
「多孔から分泌液がありその中の1つの穴からの分泌液のみ血性の場合でも多孔性となるのでしょうか?」
⇒多孔性です。
 
「血性ということにふりまわされず多孔性という認識になるのでしょうか?」
⇒その通りです。
 多孔性の内の1箇所から「血性」があったとしても、単なる「分泌亢進に伴い、出血しただけ」と考えます。
 
 

 

質問者様から 【感想4】

先生ありがとうございました。
大変分かりやすい回答で
感謝でいっぱいです。
お忙しい中、回答頂き
本当にありがとうございました。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。