Site Overlay

乳頭からの分泌液

[管理番号:7356]
性別:女性
年齢:44歳
病名:分泌液
症状:

お忙しいところよろしくお願いします。
5月末に市川へ予約を取っている者です。
約3カ月前に両側多孔性ですが
一ヶ所のみ血性であった為
予約を入れさせて頂きました。
血性でしたが、3週間で、やや粘性の黄色になりました。

両側多孔性分泌は10年以上あります。
それぞれ、色(透明 白 黄色)です。
2年に1回程度、茶色(血性)があります(決まった孔ではありません)
病院では、多嚢胞、乳腺線維腺腫(バネ式で検査済み)と言われています。

①Q&Aで3カ月以上続く分泌液は入管造影をすべきとの事ですが
多孔性の長期間継続の場合は入管造影の適応でしょうか?

②毎日 絞って確認してしまっているのですが
絞った際、全ての孔から分泌するのではなく
両側最低2ヶ所は出ます。
毎回絞って刺激を与えている行為で、
分泌液が10年も続くのでしょうか?
2日程、触らなかったら、何回か強く絞らないと出にくい状態です。
自然には出ません。

③関西在住です
5月の市川へ予約を入れさせて頂いていますが
どの孔が検査して頂く対象なのか?と思うことなど全ての孔とういうわけも…と
入管造影対象でしょうか? キャンセルすべきでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事は「本質」から見なくてはいけません。
何故私が「単孔性」に拘るのか?
それは「乳管内病変が原因の分泌」であれば、それは「一つの乳管系(出口は一つ)」だからです。

★そもそも「多孔性」である時点で、その原因は「乳管内病変が原因」ではありません。
 多孔性分泌の中で、(分泌亢進による乳管壁の破綻で)血性が混じることはあります。
 ⇒この場合はどうなのか?(上記コメントを見れば自ずと回答は解りますね?)

「①Q&Aで3カ月以上続く分泌液は入管造影をすべきとの事ですが多孔性の長期間継続の場合は入管造影の適応でしょうか?」
⇒違います。(上記コメント参照)

 同時に「複数の乳管系で乳管内病変ができている」可能性は「もの凄-く」低いです。(お解りですね?)

「毎回絞って刺激を与えている行為で、分泌液が10年も続くのでしょうか?」
⇒気にすることではありません。
 物事は整理して考えましょう。(乳管内病変以外の理由での乳頭分泌など、「どうでもいいこと」なのです。

「2日程、触らなかったら、何回か強く絞らないと出にくい状態です自然には出ません」
⇒気にしないようにする(絞らない)べきです。

 無理やり絞り出す必要は全くありません。
 もしも本当に乳管内病変が原因なら…「気にしないようにしていても、必ず自然と
出てくる」のです。
 『今週のコラム 36回目 もしも本当に「乳管内病変が存在」すれば、「浮きの方から沈んでくれる」ので心配ありません。』ご参照のこと。

「入管造影対象でしょうか? キャンセルすべきでしょうか?」
⇒対象ではありません。

 どうしても「この孔だけ気になる(血性だから)」というのであれば、その孔のみ「正常であると確認」することはできます。
 ★私の推奨は「絞らずに3か月待つ」こと。それで分泌が止まるようなら、それが答えです。

Scroll Up