Site Overlay

乳腺のう胞と乳腺腫瘤(線維腺腫疑い)

[管理番号:3878]
性別:女性
年齢:42歳
昨年、日本に一時帰国した際にマンモグラフィと乳腺超音波(エコー)検査を受けました。
結果は、「マンモグラフィは異常ありません、エコーは、両側乳腺のう胞(カテゴリー2)を認めました、経過観察し今後も定期的に健診を受けましょう。」とのことでした。
そして、今年8月下旬に再び日本に一時帰国し、同じ病院でエコー検査のみ受けました。
結果は、「右乳腺腫瘤(線維腺腫疑い)、左乳腺のう胞で念の為、乳腺外来を受診してください。」とのことでした。
この結果を受け取った際に、自分でネットで調べて、
「乳腺腫瘤は、乳腺のう胞が固まったもので、ほとんどは良性。」とありましたので、日本での滞在期間も短かったため、乳腺外来を受診せずに在住国に戻ってきてしまいました。
今回の検査結果が、右側の乳房が乳腺のう胞から乳腺腫瘤(線維腺腫疑い)に変化したというのは、どういうことが考えられますか?このまま放っておくと将来、乳がんになる可能性があるということですか?
現在、医療水準が低いと思われる(東ヨーロッパ)で生活しているため、とても不安でどうしたらよいのか困っています。
近いうちに再び日本に一時帰国し、日本の病院の乳腺外来を受診した方が良いのでしょうか?それとも、(東ヨーロッパ)の病院で、乳腺外来があるかどうか分かりませんが、もう一度マンモグラフィやエコー検査を受けた方が良いのでしょうか?
お忙しい中、申し訳ございませんが、ご回答頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「自分でネットで調べて、「乳腺腫瘤は、乳腺のう胞が固まったもので、ほとんどは良性。」
⇒このネットの情報は誤りです。
 「乳腺腫瘤」と表現されるものの中には「あらゆるもの(以下の①~④)が含まれる」ことになります。(良性~悪性まで)
  この表現には以下の中の「特定のもの」を指している訳ではありません。
  ①濃縮嚢胞 これが、「乳腺嚢胞が固まったもの」と表現されている正体です。
 例えるなら「牛乳が固まってチーズ様になったもの」
  ②線維腺腫 若い女性にできる良性腫瘍
  ③葉状腫瘍
  ④癌
「右側の乳房が乳腺のう胞から乳腺腫瘤(線維腺腫疑い)に変化したというのは、どういうことが考えられますか?」
⇒可能性
 1.(以前)嚢胞だったもの⇒内容液が固まって「濃縮嚢胞」となり、(嚢胞と断定できなくなったため)
 2.(以前の)嚢胞とは別の部位に「全く別のもの(上記①~④のどれかは不明)」ができた
「このまま放っておくと将来、乳がんになる可能性があるということですか?」
⇒お解りでしょうか?
 「乳腺腫瘍」というのは「全ての可能性を含む表現」なので、これだけで「乳がんの可能性を判断することは不可能」です。
「近いうちに再び日本に一時帰国し、日本の病院の乳腺外来を受診した方が良いのでしょうか?それとも、(東ヨーロッパ)の病院で、乳腺外来があるかどうか分かりませんが、もう一度マンモグラフィやエコー検査を受けた方が良いのでしょうか?」
⇒たしかに「癌の可能性が無いとは言えません」が…
 少なくとも「癌疑い」のような状況ではないので「急を要する」わけではないようです。
 「3~4カ月以内」に(マンモは不要ですが)「エコーで是非」確認すべきです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up