Site Overlay

乳腺エコーについて

[管理番号:746]
性別:女性
年齢:27歳
先日、会社の婦人科検診で乳腺エコーを受けました。もうすぐ結婚するしと思い、軽い気持ちで受けたのですが、一箇所をすごく長い時間撮影していました。
これは、何かあったということでしょうか?
検査技士の方に何かありましたか?と聞くと、、、
先生が見たら分かりますと、冷たく言われてしまいました。
結果がくるまで1ヶ月くらいなので、それまで何も手に付かない状況です。。。
検査後、自身で触るとしこりがある気もします。。。
どういったものなしこりなのか分からず、いろんなところにある気がして、すごく不安です。どういったものをしこりと判断するのでしょうか?
祖母を乳がんで亡くしており、さらに初潮も早かったので、乳がんになる確率が高いのかかもとも思い、かなりネガティヴになっています。
また、乳製品や飲酒も良くないと書いているサイトも見て、乳がんなのかもしれないと思っています。食事で乳がんになることもあるのでしょうか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 検査技師は「決して、(医師に替わって)所見を被験者に話してはいけない事になっている」のです。

回答

「一箇所をすごく長い時間撮影していました。これは、何かあったということでしょうか?」
⇒一概には言えません。
○長く観察するケース
①(質問者の心配されている様に)悪性を疑う場合
②正常なのか、異常なのか「何とも判断しずらい」所見である場合
♯②の方が寧ろ頻度が多いと思います。
 「正常なのか、異常なのか? 異常だとしても(どう異常なのか?どう表現すればいいのか?)非常に迷う」場合に、どうしても「長時間の観察」となります。
 
「どういったものをしこりと判断するのでしょうか?」
⇒超音波をみて「塊を形成している所見」を「しこりと判断」します。
 超音波でみえる「しこり」の殆どは「触知しません」
 
「乳製品や飲酒も良くないと書いているサイトも見て、乳がんなのかもしれないと思っています」
⇒乳製品はむしろ「乳癌リスクを減らす」可能性が示唆されています。
 
 飲酒はたしかに危険因子ですが、「大酒のみ」というのでなければ大丈夫でしょう。
 
「食事で乳がんになることもあるのでしょうか?」
⇒食事の関与は「胃癌や大腸がんなどと比較すると圧倒的に少ない」です。
 また喫煙の関与も「肺癌」とは比較になりません。
 乳癌は「生活習慣と無関係」とは言いませんが、あまり気にするようなものではありません。
 
○27歳という年齢では「乳癌の可能性は低い」と思いますが…
 2010年のデータでは「乳癌の最多年齢層に比べ1/8程度」です。
 トップページの「乳癌の現状」を参照してください。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

回答ありがとうございます。
とても丁寧な回答でほっとしました。
また、27歳で乳がんの可能性が低いことを知り、少し安心しました。
もう一点質問ですが、
肩こりと乳がんには関係があるのでしょうか?
3ヶ月前くらいから肩こりがひどいなぁーと思っており、
サイトなのでも乳がんの可能性があるというのを見ました。
 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
「サイトなのでも乳がんの可能性があるというのを見ました」とありますが、いろいろ無責任なサイトもあるので注意が必要です。

回答

「肩こりと乳がんには関係があるのでしょうか?」
⇒関係ありません。
 もしも「肩こり」が乳癌に関係していたら、「日本人の2人に1人は乳癌」となってしまいます。
 
○「肩こり」の原因として乳癌の『場合もある』みたいにしてしまうと、全ての症状が『乳癌の場合もある』みたいになってしまいます。
 全く気にする必要はありません。
 
 

 

質問者様から 【質問3】

お忙しい中、返信ありがとうございます。
検診の結果が返ってきました。
C1で経過観察で1年後と記載されています。
内容は右側乳腺腺腫疑い8×5×3ミリ一個になっています。
このまま、1年後の検診で良いのでしょうか?
自分ではどのシコリのことかわかっていないので、、、
定期的に自己検診していて変化に気づくことが出来るのでしょうか?
また、今回結果まで2週間ちょっとかかり、自身の中で相当不安でまた、来年も同じ不安を感じないといけないのかと思うと気が重いです。
かかりつけの病院を見つけた方が良いのでしょうか?
先生のとこに行けたら安心ですが、住まいが関西なので、
 

田澤先生から 【回答3】

 こんにちは。田澤です。
 「右側乳腺腺腫疑い8×5×3ミリ一個」の記載からすれば心配ないようです。
 検診結果の表現として
 「乳腺腫瘍の疑い」となると、「癌も中に含まれます」が、「線維腺腫疑い」となると「線維腺腫と断定する要素(扁平楕円形)がある筈」です。
 そこまで踏み込んでいるのであれば大丈夫な筈です。
 
「定期的に自己検診していて変化に気づくことが出来るのでしょうか?」
⇒「8×5×3ミリ」であれば自己検診で「変化に気付く」ことは無理でしょう。
 ただ、「自分では解らない」ことを確認することは重要なことです。「そうすれば、いつか本物の腫瘍ができた時に、気づき易い」のです。
 
 
「かかりつけの病院を見つけた方が良いのでしょうか?」
⇒今回は「健診結果を信用」してもいいと思います。
 同じ事で「頻回にチェック」される場合には「かかりつけ医」をみつけてもいいと思います。
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:877「20歳代の線維腺腫の取り扱い」

 
 



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
3+
Scroll Up