Site Overlay

乳がんの手術について

[管理番号:3436]
性別:女性
年齢:48歳
はじめまして。
よろしくお願い致します。
今年の5月に乳頭分泌があり
(単孔性で色は茶褐色です。
乳輪を強く押すと少量出ました。
⇒今は押しても出なくなりました)
6月の会社の婦人科検診でマンモ・エコー・視触診を受診しました。
≪結果は≫
マンモ:石灰化(左右) →差支えなし
視触診:所見なし
エコー:腫瘤の疑い(左側)→要精密検査
でした。
※腫瘤は昨年の受診結果にも書かれており、その時は「要経過観察」でした。
 その腫瘤が9mmから13mmになっていた為「要精密検査」となったようです。
7月に近所の総合病院の乳腺外来で再検査をしました。
≪結果は≫
分泌物の細胞診は異常なし
マンモは腫瘤の場所を狙って撮影したましたが、何も映らずエコーにのみ13mmの腫瘤が映りました。
13mmもあれば自分でも触れそうですが、まったくわかりません。
先生も「わからない」と言っていました。
エコー画像を見ただけでは何とも言えないとの事で針正検(バネ式)をしました。
結果は「悪性でした」と言われたきりでそれ以上の説明はありませんでした。
その病院では治療ができないので乳腺専門の医師のいる病院に行くように言われ、先日行ってまいりました。
そこで、もう少し詳しく説明してもらえると思っていたのですが、そんな事は無く
「ステージⅠだと思います、これから手術に必要な検査をしてもらいます」と事務的に言われただけでした。
もっと親身に分かり易く説明してもらえると思っていたのでとてもショックでした。
このままその病院で手術を受けるのが不安でたまりません。
そこで質問です
①【乳がんが1年で4mmも大きくなる事はあるのでしょうか】
②【13mmのしこりがマンモに映らず、触診でもわからないとはどういう事でしょうか】
③【今後手術に必要な検査(CTやMRI)をする予定ですが、全てキャンセルして田澤先生に手術をお願いする事はできますか】
④【③が可能だった場合、今の主治医に紹介状を書いてもらえるものなのでしょうか】
お忙しい所長くなってしまいすみません。
よろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「腫瘤は昨年の受診結果にも書かれており、その時は「要経過観察」でした。 その腫瘤が9mmから13mmになっていた為「要精密検査」となったようです。」
⇒昨年「9mmの腫瘍」があったのに(要経過観察で)「要精査ではなかった」ということですか??
 そんな検診の意味がありますか?
 早期発見するための検診で「9mmを経過観察」とするようでは「検診失格」と言えます。
「①【乳がんが1年で4mmも大きくなる事はあるのでしょうか】」
⇒当然あります。
 というか、1年あれば9mm⇒18mm(倍)になってもおかしくはありません。
「②【13mmのしこりがマンモに映らず、触診でもわからないとはどういう事でしょうか】」
⇒これも「全く当たり前なこと」です。
 そもそもマンモは「閉経前では2cm以下の腫瘍が写らないこともザラ」です。
(だから閉経前では超音波が重要なのです)
 触診も「深さ」が関係してきます。
 乳腺の「表面近く」にあれば、比較的触れ易いですが、(乳腺の)「奥の方」にあれば、(同じ腫瘍でも)「全々触れなく」なります。
「③【今後手術に必要な検査(CTやMRI)をする予定ですが、全てキャンセルして田澤先生に手術をお願いする事はできますか】」
⇒大丈夫です。
 きちんとした診療を望むのであれば、是非当院を受診してください。(その場合には秘書へ連絡ください)
「④【③が可能だった場合、今の主治医に紹介状を書いてもらえるものなのでしょうか】」
⇒転院希望と言えば大丈夫です。
各ページの右上にある 「秘書室へメール」からご相談ください。
もしくは、こちらのリンクをクリックしてください。

 
 



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
~ 乳癌の手術は江戸川病院 ~
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221

Copyright © 2020 江戸川病院 乳腺外科. All Rights Reserved.
Scroll Up