Site Overlay

乳がん、嚢胞について

[管理番号:1939]
性別:女性
年齢:37歳
37歳です。左乳の左上にしこりがあり、気になり触りすぎると痛くなって、11月放射線科のマンモグラフィを撮りにいきました。
エコーはしてません。
手には触れるが、マンモグラフィには写っていなくて画像では問題ないと言われました。
(今年の4月も同じ箇所が気になりマンモグラフィを撮っていますが、異常なし。なにも写ってなかったです。)
しかし、怖くてすぐ、今度は別の乳腺クリニックへいきました。マンモグラフィ、初めてのエコー、触診をしました。
マンモグラフィも異常なし。
エコーは、嚢胞があると言われました。
気にならなかった右乳にもありました。心配ないですよ。癌はないですよ。と言われ安心しました。
エコーで、嚢胞は診断つくのですか?
信用性はかなりの確率ですか?
ガンの可能性はありますか?健診は1年後だともう何かあったら手遅れですか?
嚢胞は、自然になくなったり小さくなったりしますか?
よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
マンモグラフィーは「存在診断」しかできません。しかも若い時期には「存在診断」さえもままならない検査です。
それに対してエコーは(有る程度の)「質的診断が可能」です。
つまり「腫瘤」を認めた際に
 中身が液体である「嚢胞」と中身が細胞成分である「腫瘍」の鑑別は可能です。
 ♯それ以上の「腫瘍が良性(線維腺腫や乳腺症)なのか悪性(癌)なのか」までは病理診断でないと確定しません。

回答

「エコーで、嚢胞は診断つくのですか?信用性はかなりの確率ですか?」
⇒冒頭でコメントした通りです。
 嚢胞の診断は「エコーで確実に」可能です。
「ガンの可能性はありますか?健診は1年後だともう何かあったら手遅れですか?
嚢胞は、自然になくなったり小さくなったりしますか?」
⇒癌の可能性はありません。
 超音波で確認したのであれば、何も心配はありません。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up