Site Overlay

乳がん検診に行きました

[管理番号:5744]
性別:女性
年齢:33歳
先日、超音波にて乳がん検診をしてきました。
33歳既婚、妊娠経験なしです。
左胸はすぐに終わったのですが、右胸は黒い影?のようなものを何度も技師さんが撮られていて、分泌物はありますか?
聞かれて不安になっていたのですが、本日結果が来まして、右胸カテゴリー3a、所見IDP S10?と書かれていて要精密検査でした。
大きさは最大径9mm。
ガーンと頭で音が鳴ったようでした。
近いうち精密検査をしに行く予定なのですが、精密検査との結果が出たのが今までで初めてだったため不安で仕方ありません。
気にしすぎて生活に支障が出るのも良くないので、ストレスを溜めないよう検査まで生活しようと思ってはいるのですが、この検査結果はどうなのでしょうか。
ネットである程度調べてはおりますが、詳しい方に助言頂けると幸いです。
ちなみに、今まで分泌物は特に気にしたことはありませんでした。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「右胸カテゴリー3a、所見IDP S10?と書かれていて要精密検査」「大きさは最大径9mm」「この検査結果はどうなのでしょうか。」
⇒良性所見、「乳管内乳頭腫 indraductal papilloma」ということです。(IDPとはintraductal papillomaのIとDとPによる略語)
 実際には超音波だけで「乳管内乳頭腫」を診断することは不可能であり、(乳管に繋がっているかのように見える)「形状」や「比較的乳頭に近い」などの「手掛かり」で(仮)診断しているだけにすぎません。
 ○実際に組織診してみると意外と、「ただの線維腺腫だった」という経験も少なくありません。
 ♯乳管内乳頭腫は「乳管内病変」なので、「(単孔性)乳頭分泌の原因」となりうるので「分泌物はありますか?」と聞かれたわけです。
☆ カテゴリー3aはあくまでも「良性所見」ですが、組織診で確認する方が安心です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up