Site Overlay

乳がん検診後

[管理番号:3969]
性別:女性
年齢:31歳
初めて質問させていただきます。
先日(都内)にある○○○○○にて初めて乳がん検診(超音波・触診)を受けました。
31歳 独身出産経験なし
数年前から右胸の外側にしこりがあるのことはわかっていたのですが、
まだ若いから大丈夫と気にもしていなかったのですが、少し前から逆側の左胸に急激に痛みを覚えることが度々あり、検査を受けたのですが、
技師さんとお医者さんの反応が左胸には特に触れず、右胸のしこりのことを入念診ていました。
少し心配になり、何か気になる点がありますか?と聞いたところ、
◎いつからこのしこりはあるのか?-5年程前
◎大きくなっているか?-ずっとあるから少しずつ大きくなっているとしたらわからない。
◎痛みはあるか?-痛みは無し
◎身内に乳がんになった人はいるか?-無し
等々聞かれて少し不安になりました。
エコー写真も見せてもらいましたが、素人にはよく分からず、説明によると2つのしこりが重なって?あるようで、外側は丸みを帯びており良性だと思うけど下のほうが、黒い部分に白い線が複数入っており(白い部分に黒い線が複数入っているだったかもしれません)しこりの大きさが3センチ超あります。
とのことでした。
検査結果を持って近くの病院か当院の外来に必ず行ってください。
と病院の案内文書を貰いました。
わかっていながらずっと放置していた自分が情けなく、来年には結婚をと思っていた方にも申し訳なく、検査結果が1ヵ月後まで出るのを待つのも不安で連させていただきました。
田澤先生の手元にエコー写真があるわけではないので、判断は難しいかと存じますが、
すぐにでも他の病院へ行って検査を受けるべきでしょうか?
それとも検査結果を待っても特段問題ないように思いますでしょうか。
この一週間インターネットで色々調べ田澤先生のサイトへ行き着きました。
同様の質問もあったかとおもいますがどうぞよろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「5年前からあるしこり」「2つのしこりが重なるような感じ」
⇒このキーワードからは(癌の可能性は低く)「fibroepithelial tumor」の可能性が高いと思います。
 ○ Fibroepithelial tumorとは?
  病理規約上、「結合織性および上皮性混合腫瘍」であり、「fibro:線維性間質」と「epithelial:上皮性」の混合した腫瘍であり、そのほとんどは「fibroadenoma:線維腺腫」と「phyllodes tumor:葉状腫瘍」である。
  ・線維腺腫:若い時期にできて(女性ホルモンの影響を受けて)閉経まで「増大傾向」がある。時に「giant fibroadenoma:巨大線維腺腫」もあるが、巨大とは言っても性質は大人しく「扁平」なものが殆どである。
  ・葉状腫瘍:年齢に関係なくでき(それでも癌とは異なり高齢で生じることは稀)(ホルモンとは無関係に)増大し、増大する中で「グレードアップ(良性⇒境界悪性⇒悪性)」する性質を持つ。 悪性葉状腫瘍は「肉腫」である。
「◎いつからこのしこりはあるのか?-5年程前」「◎大きくなっているか?-ずっとあるから少しずつ大きくなっている」「2つのしこりが重なって?あるようで、外側は丸みを帯びており良性だと思うけど下のほうが、黒い部分に白い線が複数入っており(白い部分に黒い線が複数入っているだったかもしれません)しこりの大きさが3センチ超」
⇒(長い)経過からするとfibroepihelial tumorを想像します。
 ♯多結節(2つの腫瘍が重なる)のことも、良くあります。
 ただし、(表現からは解り難いですが)「黒い部分に白い線が複数」という表現は
(黒い部分が液体で、白い部分に腫瘍が存在する所見の可能性があり)「嚢胞内腫瘍」かもしれません。
 「嚢胞内腫瘍」も多くは「乳頭腫(良性)」であり、「経過が長くても矛盾しない」ものです。
 ♯乳頭腫は同一乳管から悪性腫瘍が新規に発生するリスクがあり、(今までは、乳頭腫が主体だったのが)「いつの間にかに」近傍に癌ができて置き換わっている可能性も否定はできません。
「検査結果が1ヵ月後まで出るのを待つのも不安」
「すぐにでも他の病院へ行って検査を受けるべきでしょうか?それとも検査結果を待っても特段問題ないように思いますでしょうか。」

⇒まとめると…
 1.Fibroepithelial tumorの可能性 特に葉状腫瘍が心配
 2.嚢胞内腫瘍の可能性 嚢胞内癌の可能性も否定できない
 1にしろ2にしろ(今までの経過からすると)そこまでの緊急性はありません。
 ただ「腫瘍があることは明らか」なのだから「検診結果をボーっとして待つ」必要はありません。
 どこも「予約待ち」があると思うので、(いずれにしても受診は必要と考えて)行動を起こしましょう。
 



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up