Site Overlay

乳がんのサブタイプ、悪いタイプ?

[管理番号:4229]
性別:女性
年齢:40歳
12月に手術をうけ、硬癌、腫瘍1.2cm、脈管侵襲ly1、v0、リンパ節転移0/2、断片陰性、核異型度2、
ホルモン感受性ER2、PgR2(Allred0-
8),Hercep test陰性、増殖能70-80%でした。
遠隔転移の検査は受けていません。
先生からはサブタイプはトリプルネガティブに近いルミナルBと言われ、早い状態で手術できたけど、癌はちょっと悪いものだねと言われました。
なにをもって悪いものなのでしょうか?増殖能が高いことですか?高いと全身に転移の芽が広がっているのでしょうか?私の癌のタイプは予後等を考える時はルミナルBなのでしょうか?
トリプルネガティブなのでしょうか?トリプルネガティブは予後は悪いとききますが、
過去の質問の中に早期なので悲観せずにというのがありましたが、別のサイトではトリプルネガティブ中にも特殊型で更に悪いものもあるとも見ました…私の場合はどの程度悪いものなんでしょう?子供もいるので、どうしても生存率、転移、再発の確率が気になってしまいます。
これから抗がん剤FEC4回+ドセタキセル4回、放射線、その後ホルモン療法をするそうです。
今の先生を信じて治療をすすめるつもりですが、この治療は妥当でしょうか?
本来なら主治医に問い合わせることと承知しておりますが、次の病院まで日があって色々不安になり問い合わせさせていただきました。
お願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
私は決して「癌はちょっと悪いものだね」とか、「トリプルネガティブは予後は悪いとききますが」という意見には賛成しません。(質問者が、もしもその考え方に同意できないのであれば、このサイトを見ない事をお勧めします)
物事はシンプルに考えましょう。
あくまでも「サブタイプは治療法の選定のためにあるもの」それ以上でも、それ以下でもありません。
質問者の場合は「ホルモン感受性が不十分だから化学療法も行った方がいい」ただ、
それだけのことです。(予後がどうこうという問題では決してありません)
「これから抗がん剤FEC4回+ドセタキセル4回、放射線、その後ホルモン療法をするそうです」
⇒「トリプルネガティブの標準化学療法はアンスラサイクリン+タキサン」であり、「ルミナールBでの標準化学療法はTC」と言えます。
 担当医は、より「トリプルネガティブに近い」という判断のようです。
 私はTCでいいと思います。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up