乳がんの手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:5359]
性別:女性
年齢:32歳
田澤先生初めまして。
ガンが発覚してから何度もこのサイトを開いて勉強させていただいております。
おうかがいしたいのは、
????????????????????????????
・私の病理結果だと、先生のご経験上再発率はどのくらいか
・妊娠を優先させたいがホルモン療法をするべきか。
 するべきな場合、1年だと意味がないか
????????????????????????????
です。
つい3週間ほど前に温存手術をうけ、先日病理の結果が返ってきました。
腫瘍径 1.1×0.7、浸潤径0.8×0.7
ER allred score 8
PgR allred score 8
HER2:0
f(+)、ly0、v0
リンパ節転移ナシ
Luminal A
(身内にすい臓がん、悪性リンパ腫の病歴があります。
乳がん・卵巣癌はいません。)
というような結果でした。
今後の治療予定としては、放射線治療とノルバデックスの服用です。
現在未婚ですが同居している彼と結婚間近で、早く子供が欲しいと、強く思っています。
診ていただいている先生にも1年では意味がないのか?
と聞いてみたのですが
「2-3年で中断して妊娠・出産を考えては。
2年間は再発もしやすいので」
という回答でした。
先生はそれが標準的な治療であることと、身内にすい臓ガンの病歴があること、年齢が若いことを気にされているようでした。
(luminal Aだし遺伝性は低そうとおっしゃっていましたが)
ホルモン療法なしでの再発率は15%、それを、ホルモン療法をすれば10%にへらせるという説明でした。
命がかかっているので5%は決して低い数値ではないとも思いますが、
2年後には34歳になってしまいます。
高齢出産が増えてきているとはいえとても不安で、
できればホルモン療法をせずにすぐに妊活→出産後ホルモン療法
にしたいのですが・・・・せめて1年で終わりたい気持ちです。
別のサイトですみませんが、このような記事を見ると「服薬しなくてもいいのでは・・・」という気になってきてしまいます。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/201610/548393.html
??
35歳未満のホルモン感受性陽性乳がんにおける術後の内分泌療法の期間とその後の妊娠率について統計を取ったところ、114人のうち妊娠したのは25人(22%)だった。
同氏らは術後に患者に妊娠の希望を確認し、希望があれば内分泌療法の有無や継続について話をしている。
妊娠・出産に至ったのは再発リスクが低く内分泌療法を行わない選択をした患者で42%、ホルモン療法を2年から4年で中止した患者で27%、5年間の内分泌療法を終了した患者では7%だった。
内分泌療法を10年間に延長した患者では妊娠・出産はなかった。
??
田澤先生も、ホルモン療法は必ずした方が良いと思われますか?
また、例えば妊娠・出産を終えて3年後にホルモン療法を始めても意味はないのでしょうか。
よろしくおねがいいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
このQandAを読んでいればお解りになるとは思いますが…
私であれば迷うことなく「妊娠出産授乳」⇒(終了してから)「ホルモン療法開始」とします。
「田澤先生も、ホルモン療法は必ずした方が良いと思われますか?」
⇒勿論、勧めますが…
 何かの理由(妊娠出産希望を含め)があれば、無理に勧めることはありません。
「また、例えば妊娠・出産を終えて3年後にホルモン療法を始めても意味はないのでしょうか。」
⇒それでいいと思います。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。