Site Overlay

肉芽腫乳腺炎と血液検査結果について

[管理番号:7540]
性別:女性
年齢:46歳
病名:肉芽腫性乳腺炎
症状:胸のしこり、膿が出てる

2018.12月末から肉芽腫性乳腺炎と診断され、プレドニンを服用して治療を続けてます。
最初は一日6錠だったのですが減らしていき、一時良くなったのですが、今は一日2錠で増やす事はなく様子見ています。
ただホルモンの影響なのか月の中で急激にシコリが増えて硬くなり、毎回同じところから膿が出てを繰り返してます。
一応治療中にシコリ針生検査はして癌ではないと診断はされています。
今回ご相談したいのは別件で血液検査を受けたところ白血球が13000ヘマトクリットも高く、その内NEUT好中球が多くさらに、骨髄球2%、後骨髄球0.5%と出たのですが、
肉芽腫性乳腺炎の場合こういった血液検査の結果が出る事はあるのでしょうか。
次の血液検査の結果によっては骨髄検査をするらしいのですがちょっと不安になりましては質問させていただきました。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

肉芽腫性乳腺炎で血液検査をしたことがないので、この件は不明です。(質問者も「別件」で行ったようですね?)
想像ですが…
 おそらく、炎症が強いために幼若な白血球が出たのではないでしょうか?(炎症が治まれば正常化すると思います)

肉芽腫性乳腺炎は最初の数か月は「一進一退」のようなケースもあります。(スタートの時点で炎症が強い場合など)
ただ、粘り強く行えば、私がコラムで提示しているように「最後は勝つ」のです。

★もしも私と違いがあるとすれば、(治療に難渋している際には)積極的に「MMTEで肉芽を削ってしまう」ことでしょうか。
 治療の基本はvolume reductionなのです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up