Site Overlay

脈管侵襲

[管理番号:1315]
性別:女性
年齢:43歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1234「腫瘍径と浸潤径

 
 
大変わかりやすい回答ありがとうございました。
先生の回答を読んで、もう一つ気になる事があります。
私は術後の病理結果で、血管もリンパ管にも癌細胞は見られなかったのですが、
たまたま顕微鏡で見た所に癌細胞がなかっただけで、浸潤癌である以上は血管にもリ
ンパ管にも癌細胞は入っているのでしょうか?
もしそうなら、病理結果項目に脈管侵襲があるのは意味がないのではと思います。
何度も質問すみません。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「脈管侵襲」ですね。
おっしゃるように「たまたま顕微鏡で見たところに癌細胞があるかどうか?」の所見です。
ただ、これが無意味かというと「確率的なもの」として「リスク因子」として参考にするということです。

回答

「浸潤癌である以上は血管にもリンパ管にも癌細胞は入っているのでしょうか?」
⇒そんなことはありません。
 もしも、そんなことであれば「10年無再発率が90%以上」という浸潤癌が存在する
事と矛盾してしまいます。
○事実は「脈管侵襲はリスク因子の一つ」であり、
 脈管侵襲「あり」の場合は「無し」に比べて「確率的に、遠隔転移を起こす可能性
がやや高い」という参考所見なのです。必要以上に気にする必要もなければ、「無意
味」でもありません。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up