Site Overlay

乳頭分泌と水が溜まる

[管理番号:2248]
性別:女性
年齢:34歳
 
 

質問者様の別の質問

新たな管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:3238「MRIについて

 
 
20代後半でマンモグラフィーをした際石灰化が少しある、水がたまってる場所があると言われ32歳でまたマンモグラフィーをし、左はカテゴリー?2で良性右は1異常なしでした。
最近間も無く35歳になるのですが左側の下着に茶色の分泌物がついていて慌てて受診しました。
乳首をつまむとほんの少し1滴にもならないくらいでます。
右はなにも出ません。
11月にレディースクリニックでその分泌物を検査してもらったら細菌?がいるねといわれ薬を5日分だされ飲み終わり12月に他の乳腺外来で改めてみてもらうと3Dマンモグラフィーではレントゲンには石灰化は写っているもののくわしく見ようとすると消えるみたいで先生もアレってかんじでなんだろー消えるなぁ、といっていました。
その後エコーでみてもらうとまた水が溜まってるとのことでした。
右に10個近く、左も8~9個。
ちなみにしこりなどは全くなさそうです。
この水に関しては40代は大変だなーといわれまた半年後来てくださいといわれ帰ってきました。
多嚢胞といわれた気がしますがなぜ水が溜まるのですかときいたらみずみずしいひとにできるんだと冗談かなにかいわれ不安のまた帰宅でした。
昨年11月にその発見があり10月までは生理前の胸の張りが毎月ほぼあったのにそれ以降全く生理前でも張りもなくというかんじです。
生理前後など関係あるのでしょうか…また
生理後のいまはつまんでもでないようです。
体が温かくなるとでるような感じがします。
いろんな情報で茶色の分泌物イコール…乳がんやその他いろいろでてきて乳管造影などはしたほうがいいということを見かけます。
ただわたしの胸も小さく乳首もそんなにでてなく陥没ぎみだとおもうのです。
この状態だと検査は難しいでしょうか…そしてわたしの母も乳がんで全摘しいまはいろんな場所に転移し治療に励んでおります。
早めに検査や手術が出来ればやはりそれに越したことありませんし住みが遠いため田澤先生にお願いしたいのですがやはり1人で全てすることになりますしできれば年齢的に妊娠も早めにしたいとおもってます。
いま6月まで絞らなければでたりでなかったりとはいえ茶色の分泌物がでているなかこのまま放置でいいのか、その間妊娠してもいいのか不安でなりません。
しっかり現実を受け止めたいのぜひお願いしたいのですが
もしお願いする場合1度受診してまた後日手術なりということになるでしょうか…1回ではやはり厳しいでしょうか。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「多嚢胞といわれた気がしますがなぜ水が溜まるのですかときいたらみずみずしいひとにできるんだ」
⇒「嚢胞は乳管が閉塞し、内容液が貯留した」ものです。
 「何故、乳管が閉塞するのか?」というと「女性ホルモンの刺激で、乳腺に線維化がおこり、これが乳管を締め付ける」のです。
 つまり「両側の多発のう胞=(月経前に女性ホルモン増加によりおこる)乳腺の線維化」ということです。
 全く心配ありません。
 
「昨年11月にその発見があり10月までは生理前の胸の張りが毎月ほぼあったのにそれ以降全く生理前でも張りもなくというかんじです。生理前後など関係あるのでしょうか…」
⇒乳腺は「卵巣からの女性ホルモンに支配」されています。 トップページの「今週のコラム 4回目 卵巣が支配している」を是非読んでみてください。
 
「また生理後のいまはつまんでもでないようです。」
⇒「女性ホルモンの刺激」が影響しています。
 
「いろんな情報で茶色の分泌物イコール…乳がんやその他いろいろでてきて乳管造影などはしたほうがいいということを見かけます。」
⇒「片側、単孔性」であれば、「乳管造影」すべきです。
 
「乳首もそんなにでてなく陥没ぎみだとおもうのです。この状態だと検査は難しいでしょうか」
⇒「乳管造影」は「分泌液の出所(孔)」が見えないと、できません。
 「絞ってみて1箇所から出る」ことの確認が重要です。
 
「もしお願いする場合1度受診してまた後日手術なりということになるでしょうか…1回ではやはり厳しいでしょうか。」
⇒「1日で診察して手術」はできません。
 受診して「乳管造影」し、「乳管内病変の所見があれば」⇒後日手術(乳管区域切除)となります。
 
 ○ただ(お住まいはどちらか存じませんが…)遠方からわざわざ来院したのに「乳管造影の適応では無かった」ということのないように
 1.片側1箇所からの分泌
 2.(絞れば)毎回出てくる
 以上を確認してください。
 逆に言うと「上記条件を満たしていなければ」乳頭分泌で心配する必要はありません。(その場合には)様子を見ましょう。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

回答ありがとうございます
両側多発嚢胞の場合全く心配ないとありましたが増えたり減ったりはあるのでしょうか?またそのまま放置してて大丈夫ということでしょうか。
また片側、右からしかでなく乳頭の1箇所からしかでないので単孔性かと思います。
乳管造影は茶色の分泌がでない場合はしても意味がない、もしくは出来ないのでしょうか。
11月から12月いっぱいなどはでてた記憶あるのですが1月から現在までは毎日絞った訳ではないですが、
全くでないことがほとんどで安心していたらたまた右胸ががチクチクするなぁと思って絞ったら一滴茶汁がでました。
生理5日目です。
いま生理終わり10日目の今日はでないようです。
ただ普通に生活してると左胸だけチクチクすることがきになります。
そして茶色の分泌物はガンではない場合でも出るのでしょうか。
一体それはなになのでしょうか。。
また乳管腺葉区域切除など  江戸川での1年のまとめを読ませていただきました。
若い世代では良性、年配は悪性の可能性がとありましたが
わたしのような35歳で多発のう胞や分泌物などある場合年齢とともに悪性に変わる可能性もあるのでしょうか…
また妊娠はしても大丈夫なのでしょうか
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
「増えたり減ったりはあるのでしょうか?」
⇒ホルモン分泌の状況で「乳管の閉塞状況が変わる」ので、(それによって)増減します。
 
「そのまま放置してて大丈夫ということでしょうか。」
⇒大丈夫です。
 
「乳管造影は茶色の分泌がでない場合はしても意味がない、もしくは出来ないのでしょうか。」
⇒「ミルク以外」であればできます。
 ただし、「絞れば、毎回出る」状況でないと「乳管造影はできません」
 
「右胸ががチクチクするなぁと思って絞ったら一滴茶汁」
「生理5日目です。いま生理終わり10日目の今日はでない」
⇒生理周期が関係する様な分泌は心配無用です。
 
「ただ普通に生活してると左胸だけチクチクする」
⇒「痛み」はホルモンによる刺激症状です。
 心配ありません。
 
「茶色の分泌物はガンではない場合でも出るのでしょうか。一体それはなになのでしょうか。」
⇒確率的には「ガンで無い場合の方が、圧倒的に多い」です。
 ホルモンの刺激によっても分泌はあります。
 
「若い世代では良性、年配は悪性の可能性がとありましたが、わたしのような35歳で多発のう胞や分泌物などある場合年齢とともに悪性に変わる可能性もあるのでしょうか…」
⇒ありません。
 「良性が癌に変化する」という発想は止めましょう。
 若いころの分泌の原因は「良性」であることが多く、「良性のものは決して悪性にはならない」のです。
 
「また妊娠はしても大丈夫なのでしょうか」
⇒問題ありません。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
Scroll Up