Site Overlay

マンモグラフィーで見つかったひきつれについて

[管理番号:7431]
性別:女性
年齢:45歳
病名:
症状:ひきつれについて

お忙しい中、失礼致します。

先日マンモグラフィーでひきつれが見つかりました。

そこで超音波検査をしましたが、約2週間後にMRIの検査をすることになりました。

それについてお伺いしたいことがあります。

ひきつれの場合の乳がん確率は何パーセント位でしょうか。

また調べたところ、MRIでは良性悪性の判断がつかないらしいのですか、次に組織診→生検の検査になるのでしょうか。

(最初から組織検査は難しいのでしょうか。)

今回の結果が出たのがマンモグラフィー撮影後から2週間、そしてMRIの検査まで2週間あまり。

とても心配です。

超音波検査は技師の腕により違うと言いますが、先生のところで超音波検査の予約は可能でしょうか。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「ひきつれの場合の乳がん確率は何パーセント位でしょうか。」
→そんな数字はありません。

「MRIでは良性悪性の判断がつかないらしい」
→それは当然!

 だって、たんなる「画像診断」の一つに過ぎないのですよ?(確定診断は顕微鏡レベルでの組織診のみなのです)

「最初から組織検査は難しいのでしょうか。」
→それでいいと思います。(MRIは診断には無意味です)

「先生のところで超音波検査の予約は可能でしょうか。」
→「生検希望メール」してもらえば…

 超音波して、その部位を(そのまま)MMTEします。(100%の確定診断となります)

「確定診断(生検)」メールはこちらをクリックしてください。

Scroll Up