Site Overlay

リンパ節転移について

[管理番号:8257]
性別:女性
年齢:41歳
病名:乳がん
症状:
投稿日:2020年1月30日

11月末に右全摘手術と右リンパ郭清の手術を受けました。
病理の結果は下記の通りです。

浸潤性乳管癌 充実型
ER (+) PGR (+) 微陽性
浸潤径 1cm
リンパ転移 1個
ki67 80%
グレード3
脈管侵襲なし

当初トリプルネガティブということでアテゾリズマブの治験を受ける予定でしたが、ホルモンが微陽性とのことで受けることができませんでした。
治療はAC??4、その後パクリタキセル??12回の予定です。

腫瘍径が1cmなのにリンパに転移していたことがいまだにショックを受けております。
リンパ転移なしだと腫瘍径5cm超えてもステージ2の範囲ですが、5cm超の大きな腫瘍とリンパ転移が同じ
リスクがあるのかと恐ろしく思います。

先生は以前、腫瘍径が小さいことよりもリンパの転移を嫌がるのが疑問だと書かれておりましたが、リンパ転移が1個でもあるだけで1cmの腫瘍もステージ2に上がってしまうことはそう思わざるを得ないかと思います。

腫瘍径は最大の武器である。
1cm以下の再発は極めて少ないと以前書かれておりましたがリンパに転移していても同じでしょうか。

アテゾリズマブの治験も受けられなかったのでなかなか前向きになれません。

またホルモンが微陽性の場合、ホルモン治療を受けた方がいいでしょうか。
主治医は悩んでいるとのことでした。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「腫瘍径は最大の武器である。
1cm以下の再発は極めて少ないと以前書かれておりましたがリンパに転移していても同じでしょうか。」

→その通りです。

「またホルモンが微陽性の場合、ホルモン治療を受けた方がいいでしょうか。」
→まず内服してみることです。

 副作用が酷ければ(無理してまで)継続しなくてもいい
 そういうスタンスでいいと思います。 

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up