Site Overlay

術前検査後手術までの間のリンパ節転移の可能性

[管理番号:1011]
性別:女性
年齢:37歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1255「ki67調査の必要性について

 
 
いつも拝見させていただいています。
右乳がんが見つかり、9/7に温存手術予定で、
8/5に針生検、8/7にPETとPEMを受けました。
検査の結果、腫瘍の大きさは1センチ、
ホルモン陽性、HER2陰性、核グレード1、他臓器への転移なし、
リンパ節転移もエコーをした感じでは見受けられず、と言われています。
ki67が不明なので、多分ルミナルAだねとのことです。
一旦安心したものの、ここ数日患部や脇がちくちくと痛むのですが、
リンパ節転移したのではないかと不安でなりません。
主治医に、話してみましたが、気持ちの問題と、針生検したせいだよーあははー
と流されてしまいました。
私のケースで、術前検査後、手術までの1カ月でリンパ節転移してしまう可能性はどれくらいのものなのでしょうか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 cT1b(10mm), cN0, cM0(PETより), luminal A(NG1より推定)
 申し分ありません。

回答

「ここ数日患部や脇がちくちくと痛むのですが、リンパ節転移したのではないかと不安」
⇒心配は全くありません。
 そもそも「リンパ節転移の症状」ではありません。
 
「私のケースで、術前検査後、手術までの1カ月でリンパ節転移してしまう可能性はどれくらいのものなのでしょうか?」
⇒状況として
 ①cT1b(10mm), cN0, cM0
②超音波で異常無し
 ③PETでも陰性
 ②や③が「1カ月前の検査」ということを考慮しても①の状況で「1カ月間で転移を始める」という可能性は(私の経験では)ほぼゼロです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up