乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:6429]
性別:女性
年齢:34歳
はじめまして。
田澤先生、よろしくお願いします。
授乳中に右胸のしこりに気付き、がんセンターを受診したところ、トリプルネガティブの乳がんと診断されました。
4月末に全摘及びリンパ郭清済みです。
手術前の検査では
・右胸のしこりは2ヵ所:1.0cm と2.2cm
(MRIで確認済み、2.2cmにマンモトーム生検実施済み)
・リンパの細胞診:癌である可能性あり(クラスは聞いていません)
・PET:胸のしこり2ヵ所及びリンパ1ヵ所に集積を認める
・マンモグラフィ:右胸のしこりは鮮明にうつらず(授乳中のためとのこと)
・トリプルネガティブ、ki-67:40%でした。
手術後の診察で先日、受診し、リンパのエコーを再度実施したところ、「手術でリンパ20個摘出したが、癌が見つからなかった。
手術はきちんと行ったが、エコーで確認するとリンパらしき物が見える。」と医師より告げられました。
医師の見解では、
1.リンパの取り残し
2.手術前の細胞診の間違い
3.リンパの検査時に検査ミスをした
4.検査時に転移したリンパを誤って廃棄したのいずれかとのことでした。
転移したリンパなのか何なのかを確認するため、再度、脇のしこりの細胞診を行い(下旬)日に受診することとなりました。
転移したリンパとの結果が出た場合は再手術となります。
現在、脇を触ってみると、確かにしこりがあるように感じます。
少しでも事前に知識を入れておきたいと思い以下の内容を質問させていただきたいです。
①転移したリンパの取り残しの可能性が高いか
②リンパであるが、転移していなかった場合に最初の細胞診やPET検査の結果を鑑みて摘出した方がよいか
③リンパ摘出の場合は、抗がん剤投与よりも手術を先にした方がよいか
④リンパでない場合はエコーで何が見えている可能性があるか
ちなみに手術後の病理検査結果は
トリプルネガティブ、ki-67:80%と50%でした。
このような事態になり非常に残念ですが、
前向きに頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
転移しているリンパ節を取り残したとしたら、それは解剖学的な理解に乏しいと言わざるを得ません。
本来、1個転移しているとしたら、それは「センチネルリンパ節」に相当する(つまり「入口」)筈だし、(おそらく違うとは思いますが)不自然な部位にあるのであれば、(それこそ)執刀医たるもの手術当日にエコー確認すべきだからです。
「①転移したリンパの取り残しの可能性が高いか」
⇒そう思います。
「②リンパであるが、転移していなかった場合に最初の細胞診やPET検査の結果を鑑みて摘出した方がよいか」
⇒その「転移していなかった場合」というのは、今回行った「細胞診」ですか?
 腋窩細胞診がきちんと(精度をもって)できているのか?(私にはお答えできません)
「③リンパ摘出の場合は、抗がん剤投与よりも手術を先にした方がよいか」
⇒勿論!
「④リンパでない場合はエコーで何が見えている可能性があるか」
⇒それは不自然です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。