Site Overlay

手術前検査で、リンパ転移しているといわれて、手術で、リンパ転移していない事は、あるのか?

[管理番号:281]
性別:女性
年齢:38歳
お聞きしたい事があります!
3ヶ月前に乳癌検診で、しこりは、1cmと小さい乳癌が見つかりました!
良く調べたら、小さくても枝分かれに広がり、先生から、乳房全適と言われました!
手術前検査で、リンパ節転移も、見つかりましたが、脇が腫れていないので、手術しないと分からないと言われました!
リンパ節に転移していると乳房再建が、出来ないそうです!
手術前検査で、リンパ節に 転移していると言われて、手術で、転移していないことなど、あり得るのでしょうか?
あっても、かなり、確率は低いのですか?
まだ、手術の日程は、決まっていませんが、不安で、夜も眠れません!
よろしくお願いします!
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 状況は解りました。いろいろ不安なことがあるのが伝わりました。
 それでは回答します。

回答

「良く調べたら、小さくても枝分かれに広がり、先生から、乳房全適と言われました」
⇒これは、MRIでの「広がり診断の結果、乳管内進展が広範囲であった」という事でしょう。(もしくはマンモでの石灰化が広範囲という可能性もありますが…)
 
「手術前検査で、リンパ節転移も、見つかりましたが、脇が腫れていない」
⇒これは、(造影)CTもしくは、PETでの取り込みがあったという事でしょう。
 それでいて、超音波で「腫大がない」と、このような表現となります。
 
「手術しないと分からない」
⇒術中の「センチネルリンパ節生検」で判断する。という事です。
 
「リンパ節に転移していると乳房再建が、出来ない」
⇒リンパ節転移が陽性の場合は「術後、放射線照射の適応」がでてくるのです。
 「ティッシュエキスパンダーなどの異物」が入っている状態では「放射線照射ができない」もしくは「放射線をしたくない」ので、「再建を見合わせる」ことがあるのです。
 
「手術前検査で、リンパ節に転移していると言われて、手術で、転移していないことなど、あり得るのでしょうか?あっても、かなり、確率は低いのですか?」
⇒術前「CTもしくはPET検査で転移が疑われる」が「超音波では腫れていない」場合の実際の転移の確率は「半数程度」です。(きちんとした統計的な数値はありません)
 私の経験上は(そのようなケースは何度かありましたが)転移が無いことの方が若干多いです。
 
◎私の感想では「検診で1cmで見つかった場合、(例え、MRIで広がりがあるにしろ、CTやPETで転移が疑われても)リンパ節転移は無い」方が多いと思います。
 あまり、「気に病まずに」前向きに治療に臨んでください

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up