Site Overlay

ルミナルbタイプの術後抗がん剤治療について

[管理番号:8828]
性別:女性
年齢:55歳
病名:乳癌(浸潤がん) ルミナルb グレードⅡA
症状:
投稿日:2020年8月19日

お世話になります。
宜しくお願い致します。

浸潤性乳がん右乳房全摘+センチネルリンパ節生検手術を先日受けました。

今後の治療方法についてお尋ね致します。

担当の先生からはルミナルaに近いルミナルbステージⅡAと判断して頂き、ホルモン療法(アロマダーゼ除害剤)を開始し、化学療法に関しては、Oncotype DXを提案されました。

Ki67が30-40%なのと、脈管侵襲が陽性なので、化学療法は避けたいのですが、転移がとても不安です。

Oncotype DXは受けるべきでしょうか?

もしOncotype DXの結果も中間リスクの場合は化学療法をするべきでしょうか?

Ki67が30-40%なので高い方だと思うので、迷わず化学療法を受けるべきでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

手術結果
・癌傷径 2.6センチ
・細胞グレード 2
・核異型グレード 1
・ER 陽性(50%以上)
・PgR 陽性(20%未満)
・HER2蛋白 1+ 陰性
・Ki67 30-40%
・腋窩リンパ節転移個数 0個2個中
・脈管侵襲 リンパ管・血管への侵入 陽性(あり)
・切除断端 陰性(認めず)

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

まずは、『今週のコラム 220回目 30までは(抗がん剤の対象となる可能性が)十分に低く、OncotypeDXの恩恵を受ける中核は「31-45」だと理解できます。』を熟読してください。

「Oncotype DXは受けるべきでしょうか?」「Ki67が30-40%なので高い方だと思うので、迷わず化学療法を受けるべきでしょうか?」
⇒OncotypeDX受けるべきです。

「もしOncotype DXの結果も中間リスクの場合は化学療法をするべきでしょうか?」
⇒RSが25で分けましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

オンコタイプDXの結果
性別:女性
年齢:55歳
病名:乳癌(浸潤がん) ルミナルb グレードⅡA
症状:
投稿日:2020年9月14日

お世話になります。

ルミナルBでオンコタイプDXの検査を受けました。

検査結果は
再発スコア 31
9年遠隔再発率 19%
RS群における化学療法の上乗せ効果 >15%  でした。

抗がん剤治療をする事にしましたが、
EC療法+タモキサン療法 か
TC療法
を選択しないといけなくなりました。

主治医の先生はTC療法でも良いかもしれないが、
不安があるようなら、頑張ってEC療法+タモキサン療法でもよいとおっしゃっています。

また私のタイプだと、EC療法+タモキサン療法 と TC療法の効果がさほど変わらないではともおっしゃっています。

化学療法については、勉強不足で、まだよくわかっていません。

田澤先生でしたら、どちらの療法が妥当とお考えでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは田澤です。

「EC療法+タモキサン療法 かTC療法を選択しないといけなくなりました。」
⇒早期だから、普通にTCとします。

 ★因みに「タモキサン」ではなくタキサンです。
 Anthracycline(EC, AC, FEC, FACなど)+taxane(docetaxel, paclitaxel)のことです。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
52+
Scroll Up