Site Overlay

ルミナールaで抗がん剤上乗せについて

[管理番号:2973]
性別:女性
年齢:46歳
初めまして。
いつも拝見させて頂いております。
1月(上旬)日に人間ドックで乳癌が見つかり、MRI、CT.骨シンチ等を受け、3月(中旬)日に右全摘手術を受けました。
病理の結果、
硬癌
しこり2.2センチ 浸潤癌部分4.5センチ??4.0??2.1センチ
リンパ管侵襲 無し
核、組織の異型度 グレード2
リンパ節2個切除
ホルモン感受性ER90% PgR90%
HER2蛋白の発現 無し 1+
Ki67… 10%
で、ホルモン療法単独と説明があり、ほっとしてました。
術後病理結果、リンパ節1つに微小転移の可能性。
更に詳しく検査してます。
でも、微小転移1つなのでホルモン療法に変わりありません。
と言われ、心底安心してました。
それが昨日、リンパ節1つに転移してました。
浸潤の広がりが4.5センチと大きいので
抗がん剤を3ヶ月した方が良い。
オンコタイプDXで低リスクならしなくて良い。
中間なら悩みますが。
と言われ、ショックでした。
先生に、微小転移があっても1つだからホルモン療法単独で良いと何故言ったのですか?と聞いたら、転移はまず無いと思ってたから。と納得行かない返答。
こちらの乳癌プラザで、リンパ節転移1個でホルモン受容体なら、ホルモン療法単独で良いと読んだのですが、先生ならどう思われますか?
上乗せ効果は何%くらいなのでしょうか。
小さい子供がいるため、抗がん剤は出来るだけ避けたい。です。
今は主治医に対し不信感が募るばかりで、前向きになれません。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
luminal Aでは抗がん剤が効きにくいので注意が必要です。
「リンパ節転移陽性や腫瘍径が大きい」luminalAで、化学療法のベネフィットがない」SABCS 2015
「それが昨日、リンパ節1つに転移してました。浸潤の広がりが4.5センチと大きいので抗がん剤を3ヶ月した方が良い」
→上記エビデンスからは勧められません。
 
「こちらの乳癌プラザで、リンパ節転移1個でホルモン受容体なら、ホルモン療法単独で良いと読んだのですが、先生ならどう思われますか?」
→質問者はKi67=10%であり、「明らかなluminalA」です。
 ホルモン療法単独でいいと思います。
 
「上乗せ効果は何%くらいなのでしょうか。」
→11%です。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

先日はお忙しい中、ありがとうございました。
先生のご意見を伺い、ホルモン療法単独にしました。
先日、2回目のリュープリンを打ち、ノルバデックス服用してます。
ただ、左肩から首にかけて、痛みとコリが酷いのと、全身の骨が痛みます。
酷い時は箸も使えません。
頭痛もします。
これは副作用なのでしょうか。
首辺りが痛むと、転移では無いか不安です。
傷口もまだ、下着が当たると痛みます。
また、先生の患者さんで私のような状況の方で再発、転移してない方はいらっしゃいますか。
不安で頭から離れません。
前向きに。
と思っているのですが。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
「先日、2回目のリュープリンを打ち、ノルバデックス服用してます。ただ、左肩から首にかけて、痛みとコリが酷いのと、全身の骨が痛みます。」
「酷い時は箸も使えません。頭痛もします。」
「これは副作用なのでしょうか。」
⇒まさに「典型的な副作用」です。
 特にLH-RHagonistが関係していると思います。
 
「首辺りが痛むと、転移では無いか不安」
⇒全く違います。
 
「先生の患者さんで私のような状況の方で再発、転移してない方はいらっしゃいますか。」
⇒勿論です。
 冷静になってください。
 本気で「皆が再発する」と思っているのですか?
 乳癌の場合、殆どの場合で「再発しない人の方が圧倒的に高い」のです。
 



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up