Site Overlay

小葉がんについて

[管理番号:541]
性別:女性
年齢:45歳
右下のしこりが気になり生検、マンモ等の検査で小葉がんであろうとのこと。
約2㎝で、リンパの転移もなさそうなので部分切除でいいかもとのことでしたが、本日の受診で、前回撮ったMRIにもうひとつ乳頭付近に8ミリ程度の怪しいのが写っていたので全摘がよいかもと言われました。
2つあるというのは転移ということでしょうか?不安です。
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「小葉癌」ですね。
 乳房内に多発し易い(多中心性発癌といいます)事が特徴です。

回答

「生検、マンモ等の検査で小葉がんであろう」
⇒「あろう」という曖昧な表現は、どういう意味でしょうか?
 生検(針生検だと思いますが)で「組織型が確定診断されていない?」と言う事でしょうか?(E-カドヘリン免疫染色で確定診断する筈です)
 小葉癌は「乳房内に多発し易い」ので「温存か切除か?」という術式決定には『小葉癌であるとの確定診断が必須』です。
 
「前回撮ったMRIにもうひとつ乳頭付近に8ミリ程度の怪しいのが写っていたので全摘がよいかも」
⇒(小葉癌との確定診断がついていて、多発のリスクをそもそも考えての)全摘ならばいいですが…
 本来は「乳頭付近の8ミリ程度の怪しい所見」も針生検を行い、「本当に多発なのか?」調べるべきです。
 
「2つあるというのは転移ということでしょうか?」
⇒全く違います。
 小葉癌の場合は「多中心性発癌」といって、『そもそも乳腺内に多発し易い』のですが、それは「転移では無く」『それぞれが全く独立して発生したもの』です。
 
◎小葉癌の「術式決定」には注意が必要です。
 温存の適応外となる訳ではありませんが、「リスクの認識」をした上での選択となります。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
3+
Scroll Up