Site Overlay

42歳のLHーRHについて

[管理番号:1769]
性別:女性
年齢:42歳
はじめまして。42歳の乳癌患者ですが、LH-RHについて迷っています。
3月末に自分で右乳房にしこりを発見し、
4/16に胸筋温存乳房切除、腋窩リンパ節郭清の手術を受けました。
病理結果は
湿潤性乳管癌、硬癌>充実腺管癌パターン
脂肪湿潤あり、リンパ管侵襲あり。duct内進展なし。
構造異型3+核異型3+分裂像3=9でグレード3
Ki-67 37%
リンパ節転移 センチネル2個+郭清レベルⅠに3個で合計5個
ER/PgR 陽性/陽性
ステージⅡb、ルミナールBとの診断でした。
5月~11月までEC+weekly PTXの抗がん剤、
その後、現在は放射線治療に通院中です。
次回からいよいよホルモン治療(TAM)が始まるのですが、
LH-RHの注射(リュープリン)も追加するべきか迷っています。
主治医は最初は考えてくれていた様子ですが、35歳以下という指針があるので
必要ないかなとおっしゃっていました。主治医を信頼しています。
ただ希望されるなら、できるように準備はしておきますとのことでした。
実際、私より年上の方でも注射されている方はいるそうです。
ネットで見ていても、40歳以上で注射されている方がたくさんいらっしゃるので
正直、自分でも迷っています。
身内はできることならやってもらいたいようですが、私としては無駄な治療は受けたくありません。
元々、子宮筋腫(検診で指摘・小2個)があるので
ホルモン剤の影響は気になります。
抗がん剤を始めて2ヶ月後で生理は止まっています。
先生なら、どうお考えでしょうか?
お忙しいところ申し訳ありませんが、ご教示ください。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
術後にアンスラ+タキサンやったのですね。
「抗がん剤を始めて2ヶ月後で生理は止まっています。」
⇒現在は「化学療法閉経」されていますね。
 42歳という年齢からは、「化学療法閉経からの月経回復」も「これから」起こりえると思います。
 
私の患者さん達にも全く同様なケースがあります。
SOFT試験の結果を受け、「適応は明瞭」となっています。
つまり「抗がん剤を終了後に月経が回復した」方には「有効」なのです。
○「化学療法閉経の方」には、まずは「タモキシフェン」単剤とします。
 そして、「月経回復の兆し」が出た時点で「LH-RHagonist」の併用を開始します。

回答

「子宮筋腫(検診で指摘・小2個)があるのでホルモン剤の影響は気になります」
⇒LH-RHagonistは「子宮には抑性的」に働きます。
 
「先生なら、どうお考えでしょうか?」
⇒TAM単剤で、様子をみて「月経回復の兆候」が有る場合に「LH-RHagonist」を併用
開始します。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up