Site Overlay

局所再発で全摘した後の定期検査で

[管理番号:6451]
性別:女性
年齢:58歳
いつも勉強させていただいています。
10年ほど前に右側の乳房の温存手術をおこない、抗がん剤と放射線治療をおこないました。
1年半前に同乳房の乳輪下辺りに10mm×8mmの局所再発し、全摘手術をしその後、3ヶ月ごとに血液検査、6ヶ月ごとにエコーと血液検査をしています。
今回のエコー検査で全摘した部所の外側5cmほどの所に半年前の検査では認められなかった、悪性でないと言いきれないしこりがあるとのことで、心配しています。
腫瘍マーカーは問題なしです。
エコー検査の日は帯状疱疹が体にできていました。
針検査をしていだだき結果待ちです。
再発でしょうか?
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「腫瘍マーカーは問題なしです」
⇒局所再発と腫瘍マーカーは全く無関係です。
 ☆全摘後に局所再発することは通常ありませんが…
  「悪性でないと言いきれないしこり」であれば、(針生検の結果いかんにかかわらずに)摘出すべきです。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
2+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up