Site Overlay

高齢者の初期の乳がん手術について

[管理番号:8027]
性別:女性
年齢:88歳
病名:乳癌
症状:右胸にくぼみ

 2012年よりリュウマチの治療・投薬を続けていますが、元気に生活しています。
右胸にくぼみがあり、○○大学病院で1.5~2cmほどの乳がんが見つかりました。
今の所、転移はありません。
所見では、悪性の疑い。
年の割に元気なので、手術を勧められました。

 しかし、母は、今痛みがないので、すぐに手術をすべきか悩んでいます。
家族も、最近、痛みを人一倍感じやすくなった母の治療がスムーズに進むのか(穿刺吸引細胞診を行った所、痛みがなくなるのに2週間、あざがなくなるまで3週間かかりました。
針生検はしておりません)。
緊急性がないので、経過観察をして、手術する時を選んでも良いのではないか。
手術以外に、本当に治療方法がないのでしょうか。

 先生の見解をぜひお伺いしたいと思います。
よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

乳癌は「手術」が唯一の治療法です。
「症状が無いから経過を見る」意味など、ありません。(痛みが出たり、出血してからの手術は「負担を増やすだけ」ですよ。)

江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up