乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ



[管理番号:4270]
性別:女性
年齢:43歳
お世話になります。
3年前左乳房を非浸潤癌で全摘出後、再建済。
そしてこの度、右乳房が浸潤癌で全摘出し、来月から抗がん剤治療をスタートします。
その抗がん剤治療の回数を三ヶ月か六ヶ月かで迷っており、ご相談させていただきたいと思います。
診断結果
浸潤径3.5cm、リンパ節転移一1個、グレード3、ホルモン陽性、HER2陰性、
ki-67 38.4%、ステージ2b
2年前に小さな石灰化が見つかり、検査をしましたが、良性との診断結果。
それが実は悪性で、非常に複雑な気持ちとと共に今に至ります。
主治医のお話によると、進行が早いとのことです。
この場合、六ヶ月の治療をする方が良いのでしょうか?
先生、よろしくお願い致します。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
「2年前に小さな石灰化が見つかり、検査をしましたが、良性との診断結果。それが実は悪性」
「主治医のお話によると、進行が早いとのこと」

⇒本来は、「2年前に確定診断できた筈」です。
 それを「進行が早い」と誤魔化しているように思います。
「この場合、六ヶ月の治療をする方が良いのでしょうか?」
⇒3カ月(TC4回)です。
 ルミナールタイプの抗癌剤は「アンスラタキサン(6ヵ月)」ではなく、TCでいいのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。