Site Overlay

抗がん剤の必要性

[管理番号:665]
性別:女性
年齢:33歳
3才と1才の母親です。
7/1に浸潤性乳管癌と診断されました。
ホルモン感受性のある、増殖力が強いということです。
その後のCT,PET検査でリンパ節の転移の可能性があるとのことです。
(検査中です)
術前の抗がん剤治療をした方がいいといわれました。
しかし、抗がん剤があまり効くタイプではないと言われたのですが、
それでも抗がん剤治療は必要でしょうか?
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 状況は解りました。
○質問者の腫瘍の大きさが、どの位なのか不明ですが、「小さくして温存」目的で無ければ『術前化学療法ではなく、手術先行をお勧め』します。

回答

「ホルモン感受性のある、増殖力が強い」
⇒これはluminal Bタイプといいます。
 術後には「ホルモン療法と化学療法が適応」となります。
 
「抗がん剤があまり効くタイプではないと言われた」
⇒その通りです。
 
 このタイプだと「術前抗がん剤が有効では無い」可能性があります。
 有効では無い抗がん剤をしている間に「進行してしまう」可能性があります。
○luminal typeでは「術前化学療法の適応」には慎重にならなくてはいけないのです。
 
「それでも抗がん剤治療は必要でしょうか?」
⇒ルミナールタイプであれば、「術後病理結果で検討」でいいと思います。
(参考までに)
◎サブタイプとは?
組織検査(針生検や手術標本)などで以下の3点を調べます。
 エストロゲンレセプターの発現(ER)
 プロゲステロンレセプターの発現(PgR)
 HER2蛋白の過剰発現の有無(HER2)
 ⇒これらの組み合わせで
 ●luminal type:(ER陽性、PgR陽性、HER2陰性) ホルモン療法が有効(更に増殖指数Ki67の値が低いAと高いBに分けます)
 ♯luminalA(Ki67低値)ではホルモン療法単独を、luminalB(Ki67高値)には(ホルモン療法に加え)化学療法も行う事が多い
 ● HER2 type:(HER2陽性のもの) ハーセプチンという分子標的薬と通常の抗癌剤の組み合わせを行う
 ●トリプルネガティブ:(ER陰性、PgR陰性、HER2陰性)通常の抗癌剤を行う
 ● トリプルポジティブ:(ER陽性、PgR陽性、HER2陽性)ホルモン療法と分子標的薬と抗癌剤の全てを行う
 ※正式名称はluminal B(HER2タイプ)と言います。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up