乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:7009]
性別:女性
年齢:58歳
病名:乳癌
症状:術後

11/(上旬)乳癌で全摘手術しました。

Ki167値 20~30%
HER2 -
ホルモン感受性 ER PgR あり
Aに近い ルミナルBタイプ・HER2陰性
リンパ節転移なし
と診断され、12/(上旬)に1回目の化学療法をしましたが
血圧、酸素濃度低下、息苦しさのアレルギー症状が出て中止となりました。

今後は飲み薬を2年間続けると言われました。

通常の治療が出来ない事に驚き、ショックを受け、
友人の勧めもありこのサイトに相談させていただくことにしました。

本当に点滴ではもう出来ないのか、
どういった薬が有効なのか、本当に必要なのか、迷っております。

どうかアドバイスお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

そもそも「Ki67=20~30%」はグレーゾーンです。
それを「Aに近い ルミナルBタイプ」とするのには賛成しません。

まず第1に「OncotypeDX」をして「自分に本当に抗がん剤が必要なのか?」を確認するべきです。

★もしも「RS:high」(抗がん剤すべき)となったら…
 アンスラサイクリンを選択すればいいと思います。(今回のアレルギーがでた抗がん剤はドセタキセルですね?)

「飲み薬を2年間続ける」
→全くエビデンスがありません。(ちなみにUFT以外は適応外診療となります。)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。