Site Overlay

抗がん剤

[管理番号:3335]
性別:女性
年齢:44歳
初めてメールします。
術後の治療で抗がん剤
をするか・・で悩んでます。
大きさ 1.8センチ
リンパ転移有り 1つ
ホルモン受容体 陽性
ステージⅡa
HER2陰性
核グレード2
ki-67 41%
担当医からはTC治療を、勧められましたが、
するべきか悩んでます。
先生のご意見を教えて下さい。
よろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
pT1c(18mm), pN1, pStage2A, luminal, NG2ですね。
Ki67=41%は「ER, PgR, HER2, Ki67のみで行う簡易診断」では「ルミナールB(抗癌剤が必要)」と分類されます。
ここまでの検査結果からは当然、「ルミナールBとして化学療法が必要」となります。
ただ、(上記ER, PgR, HER2, Ki67を含む)「21遺伝子の発現」を行うことで、
『より本来のサブタイプ分類(496遺伝子の発現解析によるintrinsic subtype)に近い検査と位置付けられるOncotype DX』を用いることで「実際はルミナールA(化学療法による上乗せが無い)である」可能性があります。
「担当医からはTC治療を、勧められましたが、するべきか悩んでます。」「先生のご意見を教えて下さい。」
⇒このまま(ER, PgR, HER2, Ki67のみで行う簡易診断)では「化学療法(ルミナールなのでTC)」が推奨されます。
 これ以上を望むなら「Oncotype DX」をお勧めします。
 是非「管理番号3301 「管理番号3301[抗がん剤治療『 「OncotypeDXによる分類」と「ER, PgR, HER2, Ki67の免疫染色による(簡易的)サブタイプ分類」と「本来のサブタイプ分類(intrinsic subtype)」の関係』]」」をご一読ください。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
Scroll Up