Site Overlay

乳腺症経過観察後のガンでルミナールAとBの中間型

[管理番号:1062]
性別:女性
年齢:51歳
 
 

質問者様の別の質問

質問が新たな内容のため、別の管理番号としました。
質問者様の別の質問は下記をクリックしてください。
管理番号:1150「術前針生検と術後標本のKi67の違い

 
 
抗がん剤をするか迷ってます
7月後半に左乳房全摘
閉経前
センチネルリンパ節生検 陽性
腋窩リンパ節郭清
腫瘍の大きさ(浸潤径)2.0cm
リンパ節転移の数 17個中1個
腫瘍の悪性度 1
女性ホルモン反応性 強い
 ER +
 PgR +
HER2 0
脈管侵襲 なし
Ki-67 20%
乳房再建を同時にして今エキスパンダーが入ってます
Ki-67の値によりルミナールAとBの中間で抗がん剤をやるか悩める所と言われました
オンコタイプDXを調べる方法もあるが高額でまだ一人しか検査してないし
強くは勧めないとも言われました
主治医の先生はホルモン治療でもいいとは思うが考えてきてと言いました
私自身抗がん剤はやりたくないと思ってましたが急に不安になってしまいました
去年50歳の節目のマンモグラフィーは異常なしでした
16年前に乳管内乳頭腫症と言われ経過観察してました
11年前には母が70歳で乳がんになり右乳房全摘しステージ1でホルモン治療だけしましたが気持ち悪くなるので1年ほどで止めてしまいましたが
再発なしでいます
経過観察ではわからないタイプのものだったのかこの1年で急にできて広がったなら悪いものなのかと思ったり
母がホルモン治療だけでよく効いたからそれだけで大丈夫と思ったり
Ki-67が中間だとオンコタイプDXでも中間になる傾向なのか
また中間ならどうしたらいいのか分かりません
長々と書いてしまって申し訳ありませんが回答頂けたらと思います
 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
pT1c(20mm), pN1, luminalA, NG1
St.Gallen 2015では『Ki67は10-30%を中間ゾーンと設定してはいますが、実際のvoting結果では境界ラインは20-30%の中にあるとする意見が多かった』ことを考えると
Ki67=20%は「文句無しのluminal Aでしょう。しかもNG1なのですから。

回答

「主治医の先生はホルモン治療でもいいとは思うが考えてきてと言いました」
⇒文句無しで
 「ホルモン療法単独」でいいと思います。
 
 何も悩む必要はないと思います。
●実際にadjuvant onlineでみると、「化学療法追加による上乗せ効果」は僅か3%程度にすぎません。
 
 

 

質問者様から 【感想2】

田澤先生
お忙しい中回答して頂きまして本当に感謝しております。
安心と覚悟を持って治療を受けたいと思います。
遠方まで出かける事が難しい身にはこの様なサイトは本当にありがたいですね。
まだ小さい子供たちのために前向きに頑張ります
ありがとうございました。



質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
Scroll Up