Site Overlay

抗がん剤治療の可能性について

[管理番号:7266]
性別:女性
年齢:52歳
病名:
症状:触診でのしこりはなし 自覚症状なし

初めまして。

お忙しい中、時間を取って質問に目を通していただき、ありがとうございます。

先週、乳がん検診を受け、マンモでは異常は見つからず、その後のエコー検査で小さな腫瘍が認められました。
良性、悪性の判断が難しいとのことで、細胞診をすることになりました。
その時の診察時には私の乳がんに対する知識が浅く、先生に質問をすることなく終わりました。
細胞診までの間、色々と調べていたら、確定診断には組織診の方が適していることを知り、なぜ細胞診なのか?と疑問に思いましたが。
先日、細胞診を行い、その時に先生が「腫瘍が小さいので、大きな針(組織診のことと思われます)でやると、組織の形が変わってしまい、悪性であった場合、紹介先の病院も困るから」ととおっしゃっていました。

エコーで診断した時に腫瘍の大きさは5.6ミリと言われました。

質問
① 細胞診で良性と言われた場合、念のために組織診を行った方が良いのか?

② 悪性の場合、この大きさの腫瘍でも抗がん剤治療をすることは考えられるのか。

仕事のことを考えると(度々の休みが取りにくい環境)抗がん剤治の副作用が心配です。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「① 細胞診で良性と言われた場合、念のために組織診を行った方が良いのか?」
→そう思います。

「② 悪性の場合、この大きさの腫瘍でも抗がん剤治療をすることは考えられるのか。」
→大きさ(ステージ)と治療法は無関係です。

 「予後」はステージと関係し、「治療法」はサブタイプと関係するのです。

 ★ただし、病理学的浸潤径が5mm以下だと化学療法の適応がないので、(画像診断での大きさからは)それに当てはまる可能性はあります。

 
 

 

質問者様から 【質問2 】

これからの治療について
性別:女性
年齢:52歳
病名:みぎ乳がん
症状:特になし

乳がんの疑いと言われてからずっとこちらのQ&Aで勉強させていただき、様々な質問にもわかりやすく丁寧に答えられる先生にいつも頭が下がる思いでおります。

前回、質問させていただいた時は細胞診を受ける時だったのですが、結果クラスV(陽性)となり、その後手術をする病院にて組織診をし乳がんと確定しました。

病理診断は以下の通りです。

エコーでの腫瘍径 5.6×4.5×2.7㎜

IHC: p63(-),CD10(-),
ER(+)(80-90%),
PgR(+)(70-80%),
HER2(equivocal)(Score 2+)
ki-67 index 約10%
免疫染色では、間質浸潤を疑った部分(約4㎜)ではp63,CD10陽性の筋上
皮細胞が消失しており、invasive ductal carcinoma と診断します。
乳管内病変においても筋上皮細胞の介在が減少しており、DCISと考えられます。

核グレード: Grade 1, 核異型スコア: 2点, 核分裂像スコア: 1点
組織学的グレード: Grade I, 腺管形成スコア: 2点 核異型スコア 2点
核分裂像スコア: 1点

質問です。

① 小さい腫瘍から細胞を採取して検査していることから、素人判断ですが、手術後の病理結果もさほど変わることはないのでは?と思ったりします。
腫瘍のタイプが大きく変わることは考えられますでしょうか?

② HER2の最終結果はまだわからないのですが、もし陽性となった場合
は抗がん剤治療になると思うのですが、できるなら副作用の少ないものが希望です。
私のような場合、どのような薬が適切と先生はお考えでしょうか?

③ ホルモン治療についてですが、先月も生理があり閉経はしておりません。
ホルモンの治療薬はどのようなものを選択したらよろしいでしょうか。

④ 手術後、病理診断が下りるのは3週間後と聞いております。
抗がん剤をする場合、ホルモン治療はどのタイミングで始めるものでしょうか?

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

「① 小さい腫瘍から細胞を採取して検査していることから、素人判断ですが、手術後の病理結果もさほど変わることはないのでは?と思ったりします。腫瘍のタイプが大きく変わることは考えられますでしょうか?」
⇒その感覚でいいでしょう。

「② HER2の最終結果はまだわからないのですが、もし陽性となった場合は抗がん剤治療になると思う」
⇒浸潤径5mm以上の時に考えましょう。(質問者は5mm以下の可能性もありそうですから)

「私のような場合、どのような薬が適切と先生はお考えでしょうか?」
⇒それは「手術病理」が出てから考えましょう。(先回りしすぎるのはよくありません)

「ホルモンの治療薬はどのようなものを選択したらよろしいでしょうか。」
⇒タモキシフェンですね。

「④ 手術後、病理診断が下りるのは3週間後と聞いております。抗がん剤をする場合、ホルモン治療はどのタイミングで始めるものでしょうか?」
⇒「抗がん剤が終わってから」が一般的です。

Scroll Up