Site Overlay

抗ガン剤治療を受けるべきか

[管理番号:2055]
性別:女性
年齢:40歳
田澤先生、初めまして。
よろしくお願い致します。
先日乳がん手術後の病理結果がでました。
浸潤性乳管がん
大きさ1.7cm
リンパ節転移なし0/5
エストロゲン80%
プロゲステロン90%
核、組織グレード3
リンパ管、脈管侵襲なし
Ki67 26.2%
HER2陰性
40歳です。
抗ガン剤治療をするか悩んでいます。
抗ガン剤はするとしたらAC療法とのことです。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
pT1c(17mm), pN0, luminal, NG3
「抗ガン剤治療をするか悩んでいます。」
⇒「Ki67=26.2%」は微妙なラインです。
 Adjuvant onlineで計算すると「ホルモン療法の再発予防効果は11%」であり、そこに更に「化学療法を追加することによる上乗せ効果は「6%」となります。
 私の患者さんであれば「積極的には勧めない」数値です。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

田澤先生、お忙しい中ご返答頂きありがとうございました。
外科医の先生は、抗ガン剤はやらなくていいのではないか。
腫瘍内科の先生は、五分五分だけど、再発した時の気持ちを考えるとやってもいいのではないか。
という答えでした。
田澤先生のお答えからもどちらとも言えない状態なのかな、と理解します。
難しいですね。
まだ子供が小さいため、後悔のないように抗ガン剤治療をうけようかなという気持ちです。
抗ガン剤治療で迷っているところは、副作用の中でも、心機能の低下と二次がんの危険性の増加です。
AC療法よりTC療法の方が副作用が低く効果が高いとの情報を目にしました。
また質問で申し訳ございません。
先生でしたら、私の状態でしたらAC療法とTC療法どちらをお選びになるでしょうか。
また、理由も教え頂けますと幸いです。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
「抗ガン剤治療で迷っているところは、副作用の中でも、心機能の低下と二次がんの危険性の増加です。」
⇒これはどちらも「術後化学療法の範囲内」ではほぼ気にする必要はありません。
 
「AC療法よりTC療法の方が副作用が低く効果が高いとの情報を目にしました。」
⇒その通りです。
 
「先生でしたら、私の状態でしたらAC療法とTC療法どちらをお選びになるでしょうか。」
⇒TCです。
 私の考えでは「TC>AC」である以上、「アンスラサイクリン単剤」は推奨される治療とは考えていません。
 「アンスラサイクリン」を使用する場合には、(トリプルネガティブやハイリスクなどで)「アンスラサイクリン+タキサン」とするケースだと考えています。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
0
江戸川病院 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up