乳がんは早期発見、早期治療を目指しましょう。乳がん手術は江戸川病院|乳がんプラザ

[管理番号:4701]
性別:女性
年齢:46歳
平成29年3月(下旬)日、乳頭腺管癌で右乳房全摘手術をしました。
浸潤径1.1cm、広がり3cm、しこりの数1個、グレード1、エストロゲン受容体陽性、プロゲステロン受容体陽性、HER2陽性、ki67=12%、リンパ節転移なし、別の臓器への転移なし、ルミナルB型陽性と診断されました。
術後治療で抗がん剤治療(AC療法3週×4回、パクリタキセル毎週12回、ハーセプチン3週×18回)を5月(中旬)日から始める予定です。
本当に抗がん剤治療は必要なのでしょうか。
できれば抗がん剤治療は受けたくありません。
先生のご意見をよろしくお願いいたします。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
ポイントは2つです。
1.本当にHER2陽性なのか?
2.(HER2陽性だとして)浸潤径1.1cmをどう考えるか?
1については「グレード1」「Ki67=12%」という事項が、ややHER2陽性としては「非典型的」だと言えます。(勿論、そのようなHER2陽性もたくさんあります)
HER2陽性とは、(免疫染色で)HER2 3+ もしくは(免疫染色で)HER2 2+⇒(FISHを追加して)陽性のどちらかであることをご確認ください。
もしもHER2 2+なのに(FISHもせずに)「HER2陽性」と判断していたとしたら(普通にありえませんが)それは誤りです。
2については
NCCNのガイドラインでも5mm<浸潤径≦10mmは「抗HER2療法を考慮する(逆に言えば、抗HER2療法は必須ではない)」となります。
質問者は11mmだから厳密に言えば「絶対的適応がある」わけですが、その「僅か1mm」をどう考えるか?
★私であれば、「上記を説明」した上で(患者さんが、自らの意志で)「選択した治療方針を尊重」します。
 
 

 

質問者様から 【質問2】

来週から治療が始まるということで早いのですが再質問させて下さい。
HER2は2+でした。
医師が言うには、グレーゾ-ンなので外部に出して
検査してもらったら、陽性という結果になったとのことでした。
私の場合、早期のがんですが、HAR2が陽性判定だから抗がん剤治療を受けた方が良いのでしょうか?
1㎜小さかったら、ホルモン療法だけで良かったのでしょうか?
ハーセプチンの前に受ける抗がん剤もしないといけないのか。
もう自分自身ではどうしたらいいのかわからなくなっていて・・
再発するともう治らないと言われ、受けた方がよいのか・・と悩みます。
先生の判断はどうなのでしょうか?
お願いいたします。
 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。
前回の回答通りです。
11mmなので抗HER2療法の適応はあります。
それをお話した上で「抗癌剤はしたくない」と言われれば、「ホルモン療法単独」とします。
 逆に「可能な限りの治療はしたい」と言われれば「抗HER2療法」を(当然)行います。
 ○もしも「もう自分自身ではどうしたらいいのかわからなく」「先生、決めてくれ!」と言われれば
  ⇒(適応どおり)「抗HER2療法」を行います。
「ハーセプチンの前に受ける抗がん剤もしないといけないのか」
⇒ハーセプチン単剤は絶対にしてはいけません。(「どちらもやらないか?」「どちらともやるか?」2択なのです。)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。