Site Overlay

骨転移の可能性

[管理番号:7320]
性別:女性
年齢:42歳
病名:乳がん
症状:

田澤先生

お世話になります。

昨年9月下旬に乳頭乳輪温存手術をしたものです。

病理結果は硬癌、浸潤径2.0センチ×1.6センチ×1.1センチ、Kiは15%、
ER70%、PgR70%、Her2マイナス、リンパ節転移1/7にて郭清、ルミナールAとの診断でした。

オンコタイプは23で、抗がん剤での上乗せは1%でしたので、現在はタモキシフェン 単剤での治療です。

昨日、娘を抱っこした際、左胸の肋骨の一部が一瞬痛んだので確認すると、押すと痛い箇所がありました。

正確な場所は胸の中央に近く、胸骨に近い助軟骨?になります。

先月上旬に術後半年検診で、エコー、レントゲン、血液検査等問題なしでした。

わずか検査一ヶ月で骨転移はありえるのでしょうか?
また、整形外科などでレントゲンを撮ってもらうとして、一ヶ月足らずでレントゲンの被曝は大丈夫でしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「昨日、娘を抱っこした際、左胸の肋骨の一部が一瞬痛んだので確認すると、押すと痛い箇所」「正確な場所は胸の中央に近く、胸骨に近い助軟骨?」
→最もシンプルな解釈は、(お子さんを抱っこした)その際に肋軟骨の打撲(骨折することもあり)をしたのでは?というものです。

「先月上旬に術後半年検診で、エコー、レントゲン、血液検査等問題なし」
「わずか検査一ヶ月で骨転移はありえるのでしょうか?」

→もしも肋骨に疼痛を伴うような転移があったら…

 1か月前の「胸部レントゲンに映っている」筈です。

「また、整形外科などでレントゲンを撮ってもらうとして、一ヶ月足らずでレントゲンの被曝は大丈夫でしょうか?」
→被爆は大丈夫です。

質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』
という方はクリックしてください。
1+
江戸川病院 乳腺外科 東京都江戸川区東小岩2-24-18 電話03-3673-1221
Copyright © 2020 乳がんプラザ. All Rights Reserved.
Scroll Up