Site Overlay

断乳後の血清分泌について

[管理番号:4868]
性別:女性
年齢:36歳
2年前に出産し半年ほど、授乳をしてました。
今年5月(下旬)日に、ブラジャーに黄色のしみと、真ん中にうっすら赤いしみがあり6月(上旬)日に乳腺専門を受診しました。
マンモ エコーは問題なく、分泌液をリトマス紙のようなものでこすると、色が変わらない為 血ではないから、大丈夫との診断をうけました。
 このまま様子を見て大丈夫でしょうか?
因みにブラジャーについた色は分泌液の色が変化して赤くなったのでしょうと言われました。
またガラス板に分泌液をつけ検査にだしました。
見た感じ単孔性ではないと言われました。
 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。
断乳後の血性分泌については、このQandAの5000にも及ぶ歴史の中で何度となく登場した事と思います。
○人間、「血」をみると恐怖を引き起こしパニックになるものです。(単に便が硬くてトイレットペーパーに血をみるだけで恐怖におののくでしょう)
物事はシンプルに考えましょう。
 そして物事を「ブラックボックスに入れずに」きちんと「論理的に考える事」それが重要です。(何が問題なのか? そういう思考が重要です)
☆血性分泌の何が問題なのか?
あくまでも『(妊娠授乳などの影響もないのに)単孔性で血液が分泌する場合には、
その乳管内に出血を引き起こす腫瘍が存在する。それは癌かもしれない(癌は血流が豊富でもろいので出血しやすい)』ということです。
それ以外の(血性)分泌
 特に妊娠、授乳期の状態での血性分泌は、「腫瘍が原因では?」と考えるより「乳管が過剰に増殖し、出血しやすくなっている」と考えるべきです(頻度的に)
「分泌液をリトマス紙のようなものでこする」「ガラス板に分泌液をつけ検査にだしました。」
⇒どちらの検査(潜血反応や分泌液細胞診も)も全く無駄な検査ですが…
 (この場合は)質問者を安心させる意味だけはあるかもしれません。
「見た感じ単孔性ではないと言われました。」
⇒「単孔性」でなければ、そもそも心配する事など全く無意味です。

Scroll Up